専門マスター

可愛い最中には、こだわりが詰まっていました。寒い季節に嬉しい大分県の蛤志るこ

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

寒い季節になると、お餅の入ったお汁粉やぜんざいを目にする機会が増えますが、懐中しるこも、冬に美味しさが増す和菓子の一つです。

今回ご紹介している、大分県中津市にある和菓子屋、武蔵屋総本店さんの懐中しるこ「蛤志るこ」は、蛤型の最中が印象的な和菓子です。

味は、あんこと抹茶の二種類。蛤の形をした最中は自家製。中に入った乾燥あんも、お店で乾燥させているとのことで、手間がかかっています。

湯でといたこだわりの最中生地は瑞々しく、もちもちとした食感が楽しめます。

また、湯を注いだ際、ひょっこり飛び出してくる二羽の千鳥の演出もまた可愛らしく、贈り物としても喜ばれそうでした。

蛤志るこは、暑い季節には冷やしで食べることもできるのだそう。冷やしでいただく場合は、おわんに入れ、少な目の湯を入れてよく溶いてから、氷を入れていただくとのこと。

春は季節ものとして、夏は冷やしで、そして秋と冬の寒い日にはホットでいただく、蛤の懐中汁粉のご紹介でした。

今回ご紹介したお店

武蔵屋総本店
http://www.musashiya-sohonten.com/

…続きを読む