How to

食感と香りが美味しい、関西風さくら餅「道明寺」の作り方 季節の和菓子

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、関西風さくら餅、道明寺(どうみょうじ)の作り方を動画でご紹介しています。

作り方はとても簡単なので、これからの季節、お花見のお供やおやつとしていかがですか。

それでは材料と作り方です

材料 道明寺5つ分

道明寺粉 55グラム
お湯 75ミリリットル
上白糖 25グラム
塩 ひとつまみ
こしあん 100グラム
桜葉の塩漬け 5枚
シロップ(砂糖25グラムと水50ミリリットルを沸騰させ冷やしたもの)

下準備

桜葉の塩漬けは茎を切り、水につけて3時間程度塩抜きしたら水を切り、キッチンペーパーで拭いてラップにくるんでおきます。

シロップを作っておきます。耐熱ボウルに砂糖と水を入れ、レンジで1分程度温め、沸騰したら取り出してそのまま冷ましておきます。シロップには保水、殺菌効果があるので、お餅をまるめたりする際、作っておくと便利ですが、面倒な場合は水でも大丈夫です。

こしあんを20グラムずつ丸めておきます。

道明寺の作り方

耐熱ボウルに砂糖と塩少々を入れ、お湯を注いで砂糖をよく溶かします。お餅をピンクに染めたい場合は、ここで食紅を入れておきます。

道明寺粉を入れ、軽く混ぜたらそのまま20分程度置いておきます。

お湯を吸った道明寺粉を蒸し器に移し、強火で20程度蒸し上げます。

蒸し上げたら、固く絞ったふきんの上に乗せ、火傷に気をつけながら5等分し、丸めておきます。

お餅が熱いうちに、平たく伸ばし、こしあんを包んでゆきます。

桜葉を手に取り、デコボコとした葉脈が外側になる形で、おもちを巻いたら出来上がりです。

食感と香りが美味しい、関西風さくら餅「道明寺」、春の訪れを和菓子と共に楽しんでくださいね。

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む