How to

おうちでゆっくりお花見気分。春を楽しむ桜茶の入れ方

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、桜茶の淹れ方をご紹介しています。

入学や卒業、婚礼など、普段はお祝いの席に用いられることの多い桜茶ですが、実際に淹れようとすると、どうやって淹れていたかしらと、思う方も多いのではないでしょうか。

桜茶は、色々なメーカーさんで販売しています。シンプルなだけに、味や香りにかなりの差がありますので、こだわってみたい方は、一度検索してみて下さいね。

桜茶用の桜の塩漬けは、お湯を注いだ際、美しく花びらが広がるものが多いので、桜茶を綺麗に淹れたいという方にはお勧めです。

もちろん、製菓用の桜の塩漬けを桜茶に使う事も可能ですが、製菓用は小ぶりで硬いものが多く、花びらが綺麗に開かない事が多いです。

製菓用を使う場合は、出来るだけ大ぶりな花を選び、硬い場合はぬるま湯の中で、五分程度ゆっくり箸先を使ってほぐすと、花が開きやすくなります。

それでは桜茶の淹れ方です。

まず、花を一輪ずつはさみなどで切っておきます。

小さな器に、塩のついたままの花を入れ、ぬるま湯を注ぎます。

柔らかめの桜茶専用の場合は、あまりぬるま湯につけ過ぎず、軽く箸で塩を落としたら取り出します。

別の茶碗に、ぬるま湯から取り出した桜を一輪入れ、今度は白湯(さゆ)を桜めがけて注ぎます。

桜のほのかな色、香り、塩味がお湯に移ったら桜茶の出来上がり。

お祝いの席では、縁起の良い丸いお菓子と組み合わせることが多いですが、今回は、おうちでお花見気分を楽しんで頂きたかったので、桜の形のお干菓子、吉野懐古(よしのかいこ)を合せました。

干菓子「吉野懐古」は、奈良県にある、葛湯、吉野拾遺(よしのしゅうい)で有名な、松屋本店さんの吉野葛入り和三盆。

なめらかで、口の中で溶けるような食感とほのかな甘み、他ではない葛の香りが特徴で、あっさりとした塩味のある桜茶によく合います。

松屋本店さんの商品は、お取り寄せ可能ですので、ご興味のある方は試してみて下さいね。また、松屋本店さんでも桜茶を販売していますよ。

せっかくのお花見日和にもかかわらず、家の中で過ごすことが増えそうな今日。おうちの中で、ゆっくりお花見気分を味わって、少しでも心が緩みますように。

松屋本店
吉野懐古(よしのかいこ)
桜の花型28個曲物入り 値段1000円

https://www.yoshinoshui.com/

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む