専門マスター

練りきりと寒天でつくる紫陽花の和菓子 季節の和菓子の作り方

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、動画で和菓子の紫陽花(あじさい)の作り方をご紹介しています。

以前、寒天ゼリーであんこを包み込むタイプの紫陽花もご紹介しましたが、今回は練りきりを使っています。

練りきりに穴を空ける場面にて、動画では木製の卵を使いましたが、マジパンスティックのボール型でも代用が可能です。また指を曲げ、第二関節で穴を空けることも出来ます。

それでは材料と作り方です

材料

寒天粉 0.5グラム
水 60ミリリットル
グラニュー糖 10グラム
食紅 青、紫(天然食紅使用可)

練りきり生地白 20グラム
練りきり生地緑 2グラム
こしあん 10グラム

作り方

耐熱ボウルに寒天粉と水を入れ、よく混ぜたら電子レンジ(目安500Wで約1分程度)にかけ沸騰させます。

火傷に注意をしながら取り出し、よく混ぜて寒天粉を溶かします。

グラニュー糖を加え、溶かしたら再びレンジにかけ(目安500Wで30秒ほど)再び沸騰させます。

レンジから取り出し、軽く混ぜたら寒天液を少量残して、耐熱の型に流し込みます。

青と紫の食紅を少量加え、楊枝でグラデーションをつくったら、そのまま常温で固めます。

固まったら型から取り出し、サイコロ状にカットします。サイズはお好みで。紫陽花ゼリーの完成です。

つづいて、練りきりのベースづくり。白練きりを取り、手のひらで伸ばしたら、緑練りきりを貼り付け、周辺をぼかします。

生地を裏返し、こしあんを乗せて包んでゆきます。

包み終えたら閉じ口を上にして置いておき、もう一つも同じように作っておきます。

生地の上面に、木製の卵などで、穴を空けます。

紫陽花ゼリーを乗せ、残して置いた透明寒天ゼリーを再加熱して液状にしたら、紫陽花ゼリーの上に少量流し、固めます。

固まったら、和菓子の紫陽花のできあがり。冷茶などと一緒に召し上がって下さいね。

紫陽花をモチーフにした和菓子は、この時期、和菓子屋さんでもよく見られると思います。是非、お近くの和菓子屋さんものぞいてみて下さいね。

また、お取り寄せできる紫陽花の和菓子もありますので、ご興味のある方は「お取り寄せ 和菓子 紫陽花」などで検索すると、色々な地域のお取り寄せ和菓子がヒットしますよ。

■調理をする前に
動画では、見やすいように素手で作業していますが、ご自宅で行う和菓子作りは、感染症予防のため、調理用手袋をすることをお勧めしています。

音源提供:Nash Music Library

■参考情報/Yahoo!ショッピング

紫陽花 上生菓子型
https://bit.ly/2X7Nd2T

…続きを読む