専門マスター

無病息災と暑気払いを願う、京都の縁起和菓子「水無月」の作り方 季節の和菓子

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、京都の縁起和菓子、水無月の作り方を動画でご紹介しています。

水無月は、氷室を表す白い三角の外郎生地の上に、悪魔祓いの意味を持つ小豆を乗せた、とても涼しげな和菓子で、一年の半分にあたる6月30日に行われる、夏越の祓(なごしのはらえ)にちなんで食べられます。

夏越の祓とは、それまでの半年分の穢れを払い、残り半年の無病息災を願うという儀式で、多くの神社で茅の輪くぐりなども行われています。

京都では六月になると、多くの和菓子屋さんで水無月が並びます。定番の白い三角の外郎生地に甘納豆を乗せ蒸しあげたものから、人気の黒糖や抹茶味、他にも豆の種類を変えたものや、カラフルにしたもの、外郎の代わりに葛を用いたものなど、お店によって味やこだわりが異なります。

この季節に京都に旅行をする機会があれば、是非、色々な和菓子屋さんで水無月を試してみて下さい。

お目当ての和菓子屋さんがない場合は、京都のデパ地下の和菓子コーナーへ行くと、数店の水無月が気軽に手に入るのでおすすめです。

また、水無月を召し上がったことがなく、試してみたいという方には、まずは定番の白外郎に小豆版を、そして(個人的に美味しいと感じる)黒糖をお勧めします。

それでは、水無月の作り方です

材料 15センチスクエア型

小麦粉 110グラム
上用粉(上新粉でも可能)17グラム
上白糖 130グラム
甘納豆 110~150グラム(お好みで。動画では110グラム使用)
ぬるま湯 300~320CC

作りかた

上白糖を荒めのふるいにかけるか、ボウルに入れホイッパーなどでダマをなくしておきます。

ふるいに小麦粉と上用粉を入れてふるい、上白糖と合わせてよく混ぜ、さらさらにします。

ぬるま湯を少しずつ入れながら混ぜ、ダマができないようにします。

40CCほど生地を取っておきます。

せいろに型を置き、型の上に固く絞ったさらしを乗せて生地を流し込みます。

30分から40分ほど蒸します。

蒸し器の蓋をとり、取っておいた40CCの生地を流し、少し揺らしてまんべんなく流します。

甘納豆をちらし、再び10分蒸します。

甘納豆を散らすのと、余り生地を流し込むのは、順番が逆でも大丈夫です。

蒸し上がったら蒸し器から取り出し、常温で冷まします。

冷めたら型から出してさらしを取り、包丁で四箇所を切り(はじめ斜め二か所、続いて縦横から)八等分します。

より綺麗に仕上げたい時は、八等分する前に、周辺を少しだけカットしておきます。

水無月は、京都以外の関西の和菓子屋さんでは販売されていることが多いですが、関東ではあまり見かけない和菓子です。

今年は、コロナなどの影響で、水無月のお取り寄せを始めた京都の老舗和菓子屋さんもおられるので、ご興味のある方はいちど検索してみて下さいね。

ヤフーショッピングでも、扱っているお店がありましたので、リンクしておきます。

■調理をする前に
動画では、見やすいように素手で作業していますが、ご自宅で行う和菓子作りは、感染症予防のため、調理用手袋をすることをお勧めしています。

音源提供:Nash Music Library

■参考情報/Yahoo!ショッピング
京都の和菓子のお取り寄せ 水無月
https://bit.ly/2CvuAhT

…続きを読む