専門マスター

本物の焼き芋みたいな和菓子「黄金芋」 季節の和菓子のつくりかた

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

この季節になると、和菓子屋さんでよく見かける焼き芋型の和菓子があります。

名前はお店によって異なりますが、黄金芋やニッキ芋と呼ぶお店が多いこのお菓子、蒸して漉したサツマイモを白あんや砂糖、水あめなどと混ぜ、シナモンをまぶして焼き上げるものが多いです。

見かけも味も秋らしく、飲み物を選ばず、お子さんにも食べやすい優しい味なので、お近くの和菓子屋さんで見かけたら是非試してみて下さいね。

さて、動画では今回、安納芋を使って和菓子の黄金芋を作ってみました。

安納芋を使用した理由は二つ。外の紫色に合わせた濃い黄色を出すため、もう一つは中あん自体に砂糖類を入れないためです。

皮の生地は、安納芋の甘さを引き立たせるため、白あんを入れず、皮らしさを出すために重曹などは使っていません。

市販されている黄金芋に比べると、口当たりの上品さには欠けますが、素朴で、甘さ控えめの和菓子になっています。

余った生地で、ハロウィン用のクッキーも作りました。動画の構成上、一緒に焼き上げていますが、実際には別々に焼き上げるか、黄金芋よりも早めに取り出して焼時間の調整を行ってくださいね。

それでは材料と作り方です

材料

安納芋 400~500グラム

上記安納芋を蒸して漉したもの 200グラム
白あん 100グラム


小麦粉 90グラム
紫いもパウダー 10グラム
グラニュー糖 50グラム
全卵 40グラム
シナモンパウダー 1~2グラム(お好みで)
塩 1グラム

その他
打ち粉として紫いもパウダー
卵黄にみりんを混ぜたもの
黒ごま
白ごま(クッキーを作る場合)

作りかた

安納芋を厚めに切り、水であく抜きをします。

あらかじめ温めておいた蒸し器に入れ、弱火でじっくり火を通します。お芋の状態によりますが、45分以上になります。

蒸し上がりの目安は、竹串で刺した時、すっと通る程度です。

蒸し上がったら、冷めないうちに皮を剥き(かなり厚めに切ります。皮の周辺に繊維が多いため)裏ごし器でこします。

お芋を漉したら、200グラム分をボウルに入れ、白あんと混ぜます。混ぜ終えた際、丸めるには水分が多い場合は、小鍋に入れ、水気を飛ばすと扱いやすくなります。

50グラムずつ丸めておきます。これが中餡になります。余った分は、一つにまとめておきましょう。

続いて生地作り。

ボウルに全卵を入れ、グラニュー糖を入れてよく混ぜます。

ボウルごと湯煎せんしながら、グラニュー糖を溶かします。

砂糖が溶けたら湯煎から外し、シナモンパウダーと塩を入れて軽く混ぜます。

小麦粉と紫いもパウダーをふるい入れ、さっくりと混ぜます。

台の上に紫いもパウダーを散らし、生地を落としてまとめます。

生地を20グラムずつ丸めます。余った分は薄く伸ばして、抜き型で抜いたり、手で形を整え、クッキーにします。

生地で中餡を包み込みます。

手で生地を伸ばしたら、中餡を乗せ手粉(紫いもパウダー)を付けながら包んでゆきます。

生地が固めで上手く包めない場合は、めん棒などで薄く伸ばして包むと簡単ですよ。

お芋の形に整えたら、包丁で斜めに半分に切ります。半分に割らないバージョンも作る場合は、余り生地で作るか、切らないでおきます。

切った表面に卵黄を塗り、黒ごまを散らしたら、予熱したオーブン180度で約15分ほど焼きます。

網の上で冷ましたら出来上がりです。

シナモン風味が美味しいお芋の和菓子、温かい飲みものと合わせて召し上がれ。

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る