専門マスター

練りきりでつくる寒紅梅 季節の和菓子のつくりかた

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

立春に向かって身支度を整えるよう、気温が慌ただしく変わる中、寒紅梅など早咲き梅の便りが届くようになりました。

今回は、冬の寒さのなか可憐に咲く、寒紅梅を練りきりで作っています。

映像の寒紅梅は、色合いを椿に寄せています。実際の寒紅梅は、もう少し柔らかなピンク色をしていて、和菓子屋さんでつくられる寒紅梅の練りきりの多くも淡い色をしています。

寒紅梅だけではなく、これから二月にかけ、梅にちなんだ様々な和菓子がみられるようになりますので、お近くの和菓子屋さんで梅の和菓子を見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、材料と作り方です

赤色練りきり 12グラム
白色練りきり 12グラム
こしあん 15グラム
黄色練りきり 少々

つくりかた

赤練りきりを手のひらで伸ばし、続いて白練りきりも同じように伸ばします。

赤の上に白をのせ、少しなじませたら、こしあんをのせて包んでゆきます。

口を閉じたら、軽く成形し、固く絞った布巾を乗せて、上からマジパンスティックなどで溝を作ります。映像では、中央に溝を作っていますが、溝の位置はお好みで。

布巾を取り、練りきりの外側に、ティースプーンを使って花びらを5枚作ってゆきます。スプーンの入れ方は自由です。映像のようにねじってもいいですし(ねじり梅風)、まっすぐスプーンを入れてシンプルに仕上げるのも素敵です。

最後に、黄色練りきりを裏ごし器に通して、しべを作り、花の中央の溝に乗せたら完成です。温かいお茶と一緒に召し上がれ。

寒紅梅の花言葉は「忍耐」、厳しい寒さに耐えるように、困難と闘う方たちに、一日も早い春の訪れがきますよう願いを込めて。

■調理をする前に
動画では、見やすいように素手で作業していますが、ご自宅で行う和菓子作りは、感染症予防のため、調理用手袋をすることをお勧めしています。

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む