専門マスター

  • いいね

春の贈り物にぴったり。職人さんが一枚づつ手揚げする、カリカリかりんとう風コサージュが可愛くて美味しい

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回、動画でご紹介したのは三重県伊賀市、花咲かりん本店さんがつくる、かりんとう風味のお菓子「花咲かりん」です。

花咲かりんは、正確にはかりんとうではなく、かりんとう風味のお菓子です。

同シリーズで最初に生まれたプレーン味が、かりんとうの材料を使って作られていたため、かりんとう風味と表現されているのだそう。プレーンは、伊賀米の米粉、なたね油、三重県産の小麦粉を用いていて、自然な甘さと香ばしさ、カリカリの軽い食感が特徴です。

プレーン以外にも、ほうれんそう、紫いも、かぼちゃ、トマト、黒ゴマがあります。

実際にいただいてみて驚いたのが、揚げてあるのに油っこさを感じなかったところです。

商品に添えられていたパンフによると、職人さんが、その日の気温などに合わせ、生地の作り方を調整し、一枚一枚手揚げをしたのち、じっくり油抜きの作業を行って、油っぽさが残らないよう工夫しているのだそう。

着色料、香料を使っていないにもかかわらず、とても色鮮やかで風味豊かなお菓子でした。

花咲かりんの種類は多く、10月から4月の季節限定品として、チョコかりんという商品もあります。こちらは、花咲かりんをベースにチョコレートでコーティングしたもので、より華やかな洋菓子風に仕上がっています。

他にも塩かりんという、花咲かりんと形が同じで塩風味のものもあります。

こちらは、あおさ塩、えび塩、ごま塩があり、アミノ酸等の添加物は使用せず、素材の味をいかすため、石垣島の塩のみで味付けをしたもの。

通常の花咲かりんにも言えますが、チョコ掛け以外は、お酒のおつまみにぴったりです。

映像で紹介したものは、季節限定の「コサージュかりん」という品。

通常の花咲かりんの下に、チョコ掛けしたすかし台と、ほうれんそう風味の葉が付いて、一つずつ箱に入っています。すかし台に掛かるチョコはビターとホワイトがあり、どちらかを選ぶことができます。

花咲かりんシリーズの多くが、公式ホームページで購入することができますが、動画でご紹介したコサージュかりんは壊れやすいからか、オンラインでの扱いがありません。

コサージュかりんをお求めの方は、店舗か、催事など(季節限定)で購入することができますので、公式ホームページの情報をチェックしてみてくださいね。現在は大阪の阪急うめだ本店(地下一階)に出店されていますし(3月9日まで)、4月にには東京の伊勢丹新宿店にも出店される予定とのこと。

春の贈り物にはもちろん、母の日や父の日、慶事の贈り物にぴったりの食べられるお花、花咲かりんのご紹介でした。

今回ご紹介したお店

花咲かりん 公式ホームページ
https://hanasaki-karin.co.jp/

コサージュかりん 各584円

シェア

いいね

コンテンツへの感想