専門マスター

  • いいね

お饅頭の中には何が入っている? 長崎銘菓のちょっと不思議なからくり饅頭

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回動画でご紹介したのは、長崎県にある茂木一〇香本家(もぎいちまるこうほんけ)さんの代表銘菓、一〇香(いっこっこう)です。

一〇香は、見かけがお饅頭、食感がお煎餅のようなお菓子。

中には何が入っているのかな? と、固い生地を割ってみると、なんと中は空洞という不思議なお菓子です。

このお菓子、焼き上げる前には生地に餡を入れて焼くのだそう。焼き上がると空になるのだから面白いですね。

焼き上がった際に中が空洞になるのは、黒糖を含んだ餡の熱で生地が膨張し、そのまま生地の内側に張り付くという仕組なのだそう。

いかにも中身が入ってそうなのに入っていないところから、からくり饅頭とも呼ばれています。

実際にいただいてみると、外側の乾燥した生地からは考えられないほど、内側はねっとりとしていて、指をつけるとくっついてきます。

最初は固め、のちにねっとりとした食感が加わって独特の食感になります。後味は、みたらしのような風味に感じました。

一〇香は、公式ホームページからお取り寄せが可能とのこと。旬のビワゼリーやレモンケーキなどと一緒にお取り寄せをして、ご自宅で長崎旅行を楽しむのもいいかもしれませんよ。

長崎銘菓からくり饅頭「一〇香」のご紹介でした。

今回ご紹介したお店とお品

茂木一〇香本家 公式ホームページ

https://mogi105.com/

一〇香 5個入 540円(税込)

音源提供:Nash Music Library

シェア

いいね

コンテンツへの感想