専門マスター

  • いいね

パリッとお煎餅を割ると縁起良さげな手作り民芸品。山形県庄内地方の伝統菓子が楽しい

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回動画でご紹介したのは、宇佐美煎餅店さんのつくる、山形県庄内地方の伝統菓子「からからせんべい」です。

お店のある山形県鶴岡市は、江戸時代に庄内藩酒井家が統治していた地域。当時のお殿様は甘いものが大好きで、多くの駄菓子が作られました。からからせんべいもその一つで、お煎餅を振ると、からからと音がしたため「からからせんべい」と呼ばれるようになったのだそう。

三角に折られた煎餅は、焼き立ての丸生地を一瞬で折り曲げ、おもちゃを入れたもの。

一つ一つ手作りのため、少しずつ形が異なります。とは言え、出来上がったお煎餅の大きさは殆ど同じ。中に入っている民芸品は大きさも形が異なるのに、どうやったらこれほど美しく均等に包めるのか、まさに職人技です。

お煎餅に包まれた民芸品は、ほとんどが手作りで出来ており、玩具や小物など150種類以上もあります。

お煎餅の生地は、黒糖風味が印象的な素朴なお味。中の民芸品が壊れないよう、ある程度の強度はありますが、硬すぎずパリッと砕ける軽い食感です。黒糖は日本最西端の地である沖縄県与那国島産等のミネラル豊富な黒糖を100パーセント使用しています。

開封した3つは、鈴、木製のミニチュア湯呑、そして金の鎧兜でしたが、残り3つは、ちりめんの和風ストラップ、紙製のおきあがりこぼし、ミニ折り鶴が入っていました。

動画でご紹介した6個入り袋の他にも、からからせんべいには単品販売や化粧箱入りのものなどがあります。縁起の良さそうな民芸品が多いため、贈り物はもちろん、お正月、お友達や親戚の集まりなどの際にも重宝しそうです。

また、宇佐美煎餅さんの公式サイトでは、民芸品入りからからせんべいの他にも、プラスチック製おもちゃの入ったからからせんべいや、おみくじの包まれた「おみくじせんべい」なども販売しています。いずれもお取り寄せも可能とのこと。

お煎餅を開けて中から民芸品を取り出すのが楽しく、ついもう一つと手が伸びてしまいそうな山形県庄内地方の伝統菓子でした。

宇佐美煎餅公式サイト

https://karakara.co.jp/

からからせんべい(6個入り袋) 1,080円(税込)

音源提供:Nash Music Library

シェア

いいね

コンテンツへの感想