専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

和菓子でつくる福寿草 季節の和菓子のつくりかた

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、和菓子の練りきりで福寿草を作っています。福寿草はお正月飾りなどで見られる花ですが、実際の開花日は二月あたりから。ちょうど旧正月の頃であるため、元日草や朔日草などと呼ばれています。

和菓子屋さんでも福寿草の和菓子を販売するお店がありますが、販売時期はお正月か旧正月の頃が多そうです。きんとんを使って表現される事が多く、品を感じさせる抽象的なもの、可愛らしさを表現した写実的なものなど、お店によって異なります。もし見かけましたら、縁起の良い和菓子なのでぜひ召し上がってみてくださいね。

それでは和菓子の福寿草の材料とつくりかたです。

材料

白練りきり生地 25グラム
こしあん 15グラム
緑色練りきり生地 1グラム程度
黄色練りきり生地 3グラム程度
しべ用 黄と緑を混ぜた練りきり生地 少々

つくりかた

白練りきり生地を平たく伸ばし、緑色練りきりを二つにわけて貼り付け、中央に黄色練りきりを貼り付けます。

色生地の周りを少し指先でなじませたら生地をひっくり返し、こしあんを包んでゆきます。

包み終わったら形を整え、黄色生地が真ん中に来るよう調整します。

細工棒で葉の部分をつくります。

黄色の中央に印をつけ、中央から外に向かって細工棒で線を入れ花びらを作ります。

中央の印をつけた周りを細工ばさみで一周切ります。

しべ用の薄緑生地を押し棒につけ、中央にしべをつくったら完成です。

今回、中に包むあんはこしあんを使用していますが、白あんを使った方がより作りやすいです。細工棒を使う際、表にこしあんの色が出ないで済みますよ。

縁起の良い福寿草。旧正月の頃にでも、ぜひ温かいお茶と一緒に召し上がってくださいね。

■調理をする前に
動画では、見やすいように素手で作業していますが、ご自宅で行う和菓子作りは、感染症予防のため、調理用手袋をすることをお勧めしています。

音源提供:Nash Music Library

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る