専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

大寒。プリンのようにトロトロなめらかな卵酒のつくりかた

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

明日(1/20)は大寒です。厳しい寒さの中にも、陽光の中にわずかながら春の色を感じる季節になってきました。

今回は動画で、日本に古くから伝わる卵酒のつくりかたをご紹介しています。

卵酒は風邪の引きはじめによく利くと言われ、昔から民間療法として広く親しまれています。風邪自体に本当に効果があるかはさておき、寒さで免疫力が下がりやすいこの季節の体には、ありがたい存在です。

最近ではレンジで手軽に作ったり、子供用に作ったりと、様々な作り方がネットでも公開されています。お子さんに作る場合は、そういったレシピを探してみるのもいいかもしれませんよ。

今回ご紹介するレシピは大人用です。お砂糖の代わりに、はちみつを使っています。

日本酒は、できるだけ癖のないものを。普段日本酒を召し上がらない方は、はちみつを多めに入れたり、先に日本酒のアルコールを飛ばしておくと、お酒特有のツンとした香りが抜けて飲みやすくなりますよ。はちみつは、出来上がった後に味見をしてから足しても大丈夫です。

それでは、材料と作り方です

材料

日本酒 180ミリリットル
はちみつ 大さじ1(日本酒を普段飲まない方は大さじ2)
卵 1個

つくりかた

ボウルに卵を割り入れ、泡だて器でよく溶きます。泡立てるのではなく、横に切るように泡だて器を動かし、卵を切ります。

はちみつを入れ、軽く混ぜたら日本酒を入れてよく混ぜます。

混ぜたものを一度、茶こしなどで漉します。

ボウルのまま湯煎します。

ぐつぐつ沸騰した湯ではなく、ふつふつとした湯で湯煎を始めます。かき混ぜながら湯煎を続け、ゆっくりと温めてゆきます。

あまりに時間がかかりそうなら火の調整をし、お湯の温度を上げます。

色が白っぽくなり、全体的にとろりとした状態になったらボウルを取り出します。湯煎からおろしてからも固まってゆくので、緩めに仕上げるのがコツです。

コップに注いだら卵酒の完成です。

寒い日や風邪っぽいなと感じたときなど、とろとろプリンのような卵酒で、冷えた体を芯から温めるのはいかがでしょうか。

音源提供:Nash Music Library

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想