タイトル画像

【一宮市】SNS映え間違いなし! 一宮警察署がオリジナル幟を作成「みんながかぶる自転車ヘルメット」。

でめ

地域ニュースサイト号外NETライター(一宮市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

愛知県が2021年10月1日から施行した、自転車に乗る際の下記条例により、愛知県全体で「自転車のヘルメットをかぶろう!」という動きが活発になってきています。

・乗車用ヘルメットの着用(第11条)及びその促進(第12条第2項、第3項)

一宮警察署でも同様に啓発活動が行われており、その一環として、一宮署オリジナルの幟が作成されました。

一宮署でしか見られないというこの幟は、「署の玄関を彩る鮮やかな幟」としてこれから活躍してくれそうでしたよ! 

このツイートを見て一宮警察署に取材に行ってきたところ、普段幟は、一宮署の玄関と「免許棟へ続くヘルメットロード」に配置されているそうです! 

玄関は道沿いにあるので、普段から目にすることができますよ♪ 

一宮警察署発信のツイートには、SNS映え間違いなし! と記載されていましたから、皆さんでこの幟を元に、自転車ヘルメットを啓発していけたらとも思いました。

こちらが一宮警察署の玄関です。

幟に書いてある、

みんながかぶる「自転車ヘルメット」あなたも家族も友達も

という、覚えやすい、繰り返しやすいフレーズが頭に残ります! 

最近では、一宮高校と一宮工科高校にて、交通安全ラジオが行われました! 

今までヘルメットをかぶっていなかった皆さんの意識が変わるような、両校の力強いお言葉を見てください☆ 

ツイッターに登場されている「ヘルメット警部」にお話を伺い感じたことは、ヘルメットを普及していくことは、なかなか難しいことだということです。

一宮市の小中学生は、学校の方針などでヘルメットをかぶることが半ば義務付けられているのですが、高校生以上になると、それがなくなってしまいます。

大多数がヘルメットをかぶっていない中、自分だけかぶるのは学生にとってハードルが高いですし、大人もほとんどの人がかぶっていないので、なんとも言えないですよね。。。

でも、一宮市では、自転車用ヘルメットの着用が努力義務となったことにより、自転車ヘルメット購入補助金の申請件数が増加しているため、事業費が増額されたそうです。(自転車ヘルメット購入補助金3,823千円)
「令和3年度12月補正予算(案)に計上された主な事業について」のお知らせ

こうした活動により、少しずつでもヘルメットをかぶる文化が定着していくことを切に願っています! 

このカラフルで意味のある幟が話題となってくれますように☆ 

皆さん、幟の写真をどんどんシェアしてくださいね~! 

一宮警察署
〒491-0859 一宮市本町1-6-20
TEL:0586-24-0110

シェア

いいね

コンテンツへの感想