タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

感染対策に。アルコール消毒用オートディスペンサー

ダイスチャンネル

マルチ動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

新型コロナウィルスが世界中で猛威を奮い、現在ではワクチン接種が日本各地でも進んできています。

今回は手軽で非接触型の家庭用手指消毒オートディスペンサーをご紹介します

まずは「オーディスペンサー」です。

こちらは単三型乾電池4つで動く乾電池式のタイプです。

ポンプ式の手指消毒剤などを利用している方も多いと思いますが、手を触れる「シュっと押する部分が気になる・・・」という方もいらっしゃると思います。

こちらは、手をかざすとセンサーで感知し、自動で一定の量を出してくれるタイプです。

一定の量が出てくるタイプですので、出てきた消毒薬の量が少なく「手指全体の消毒ができない!」ということを防いでくれます。

上部にあるボタンで出す量を自分で調節できますし、詰め替えのタイミングも常に見えているのでわかりやすいです。

また、濡れた手での操作もできるので、洗面所などに置いていて本体が多少濡れても大丈夫です。

使用しない際には、ディスペンサー上部の下三角の長押しで電源オフもできます

本体と下部の液体を入れる部分は回して外します。

消毒液を入れ直す際にも外しやすいです。

ちなみに乾電池はこの部分に4つ入れます。

交換などには、中央のチューブ部分が外れるので手間がかかりません。

こちらのアルコール除菌液Alc72%を入れて使おうと思います。

こちらの成分は、「エタノール72%、水、グリセリン、イソプロパノール、塩化ベンザルコニウム」です。

厚生労働省は、CDCガイドラインの要項を受け手指消毒用アルコールは、エタノール濃度が原則濃度70%以上95%以下の範囲内であることが好ましいという見解を示しています。(厚生労働省ホームページ参照

成分の「塩化ベンザルコニウム」は、第4級アンモニウム塩という部類に属する陽イオン系界面活性剤です。

こちらの成分は、CDCガイドラインや、日本で組織された新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会の新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価の最終評価として、塩化ベンザルコニウムなどの「陽イオン系界面活性剤(第4級アンモニウム塩)」は、新型コロナウィルスの「不活化に効果あり」という見解が出ています。

※こちらの委員会報告書は「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)」が取りまとめした物で、こちらの資料も厚生労働省ホームページに記載があります。()

(独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)は、2001年の省庁再編により経済産業省の部署から独立行政法人となった組織で、職員は全て国家公務員の身分を有しています。)

また、「イソプロパノール」(別名:プロパノール)は、第二級アルコールの(一種手指・皮膚の消毒、医療機器の消毒)です。

こちらのアルコール除菌薬は、手指消毒の他にもドアノブや取手などにも使用できるので、帰宅時に触った部分やバックの持ち手、スマートフォン、鍵などにも利用できます。

電源を切っておけるタイプですし、暑い時期も終わってきて秋らしい気温になってきましたので、家庭での使用だけではなく公園や買い物など外出する際に車内に置いておき、手洗いができない環境では、オートディスペンサーなどを使用して手指消毒をするという使い方もできると思います。

いろいろな手指消毒用の製品を毎日のように目にしますが、購入する際には成分を調べてみるということも、個々の感染対策の認識を今一度引き上げることにも繋がると思います。

長く続く感染対策に悪い意味での”慣れ"も出てきてしまっているように感じますが、改めて一人一人が意識することで良い方向へ進むことを願わずにはいられません。

シェア

いいね

コンテンツへの感想