タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

リッター45km燃費の250CCバイクに1年乗ってみて

ダイスチャンネル

マルチ動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

バイクの免許を取得する方が年々増えてきている中、二輪免許を取得する女性がとても増えているというデータがあります(参考:警察庁交通局運転免許課 運転免許統計より)

私は2020年に普通二輪の免許を取得しました。

初めてのバイクを選ぶのにかなり悩みました。

足付きもそうですし、見た目や車体カラー。初めてのバイクということで正解がわからずいろんなお店を回って、いろんなバイクを見て悩み「コレだ!」という1台に出会って即決で決めました。

私が初めてのバイクを選ぶときにスペックとして気にしたのは、

・250ccのバイク
・両足がつくこと(ベタ足じゃなくてもいい)
・燃費がいいこと
・ABS機能がついていること
・メーターが見やすいこと 

この5点です。

なぜこうなったか?というと、身長158cmの私では、ベタ足にできるバイクが限りなく少なかったのです。

燃費はたくさん乗りたいし、ガソリンの給油があまり得意ではないし、メーターは見やすい方が不安が少ないし、初めてのバイクだからABSがついていたほうがいいよね・・・!とこんな感じで考えました。

ちなみに、ジクサーSF250には、前後輪を別々に制御する2チャンネルABSがついています!

ABS機能は、主人からもついているものを選んで欲しいと言われていたこともあり外せませんでしたし、あるだけでも安心なので考慮して選びました。

結果として、私が選んだのはカタログスペックの燃費が45km/L(45.0 km/L(60 km/h) 2名乗車時)のバイク「SUZUKI GIXXER SF250」です。

今回は、新車で購入したジクサーSF250に1年間、乗ってみた感想などをお話ししたいと思います。

軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデル「ジクサーSF250」

「ジクサーSF250」とは?

スズキ二輪株式会社が2020年から発売を開始した250ccバイクです。

私はジクサーSF250のトリトンブルーメタリック (YSF)です。

この水色カラーに一目惚れしました。

油冷SEPエンジンには、スズキの最新技術を投入したオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)が搭載されています。

単気筒SOHC4バルブ249cm3エンジンには、油冷の冷却方式が採用された高出力ですが軽くて小さくてシンプルな環境性能に優れたエンジンです。

1年乗ってみて、真夏の炎天下でも熱くなりにくいエンジンだと感じました。

例えば公道を走れば必ずある信号待ちでもエンジンからの熱気がとても少ないです。ですので、真夏でもニーグリップをして「熱い!」と困ったことがありません。

(逆を言えば寒くなった時期にエンジンの熱気で「足があったかい!」という経験はしたことがありません。)

数人でツーリングに行った際、駐車後、他の250バイクの熱さは?と比べてみましたが、水冷式と比べ熱さがありませんでした。

(個人的にですが、冬は雪が降る地域に住んでいるのでバイクに乗らないからこそ、真夏に熱くなりずらいのはありがたいと感じています。)

足付きや車体重量について

カタログスペックでは、「シート高 / 装備重量 800 mm / 158 kg」です。

身長158cmの私は、両足を下ろすと、つま先が着くくらいな感覚です。

シートに座ってつま先がついている状態なので意外と安定しています。

1年乗って慣れたので、バイクを多少倒して左足をベタ付けもできるようになりました。

乗り始めたばかりの時は、免許を取り立てだったこともあって「つま先しかつかない・・・」と不安でしたが、乗り慣れれば意外と大丈夫なんだなーと感じています。

セパレートなハンドルとプッシュスタートボタン

スポーティなセパレートハンドルです。

乗車時の態勢は、前のめりでもなくしっかり前を向きながら運転できます。

姿勢が倒れすぎていると不安だなーと思っていたので、とてもいい!と思っているところの一つです。

ハンドルは太すぎず掴みやすいです。(バイクのグローブXSサイズ)

エンジンスタートのボタンはプッシュ式です。

一度ボタンをピッと押せば自動でエンジンがかかってくれます。

(安全のため、サイドスタンドが立ててあるとエンジンは自動で停止するようになっています。)

デジタルメーターについて

バイクのメーターには、アナログ式とデジタル式、。アナログとデジタルの両方があるものが存在しますが、ジクサーSF250は完全デジタル式のメーターです。

中央にスピードが大きく表示され、上部には横型の回転計です。

回転数をあらかじめセットしておけば、セットした回転数に到達すると中央の上部にあるライトが光って教えてくれます。(慣らし運転の時など大活躍しました!)

N(ニュートラル)のこの位置ギアが表示されるので、「今何速だろう?」と自動車学校で不安に思っていたところが解消されました!

下部は、走行距離と時刻です。

デジタルメーターの周りにウインカーやその他の表示が出るようになっています。

カタログスペック リッター45kmの燃費について

ジクサーSF250は、本当に燃費がいいです!

主人とのツーリングや仲間数人でのツーリングの際にも、私だけメーターが減っていない。という状況になっています。

ジクサーのカタログを見るとわかるのですが、燃費リッター45kmの表記は、2名乗車時となっています。(45.0 km/L(60 km/h) 2名乗車時)

ということは、一人で乗っていればもっと燃費が良いということです。

ジクサーの燃料タンクは12Lです。

燃料のことで気にしていることといえば、燃料計の見方です。

ジクサーの燃料系は、デジタルメーターの右下にありますが、「1/2」表記が上から2番目です。真ん中が半分ではないので、この部分は気にしています。

(全部で目盛が6つに分かれてはいるのですが、1/2が上から2番目なので、単純に1つが2Lではないんですよね)

夜間やトンネルなどでは、LEDヘッドライトがとても明るく見やすいです。

重量も158kgなので小柄でも楽に取り回しができます。

ガソリンが満タンで重い時でも取り回しも楽ですし、駐車場などでのバックもUターンも楽に行えます。

デメリットを上げるとすれば、新しい型のバイクなので購入した当初は、専用アクセサリーが全くなかったことくらいです。

現在ではジクサー専用のヘルメットホルダーやスマホホルダーなどを取り付けられるハンドルマウントステーなど、専用のアクセサリー類が各メーカーから発売されているので、解消されています!

燃費も良く、女性でも取り回しやすいです。

1年間乗ってみて、初めてのバイクにジクサーSF250を選んでとてもよかった!と思っています。

シェア

いいね

コンテンツへの感想