タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

簡単!ゼロシャンプーでバイクの洗車してみた!

ダイスチャンネル

マルチ動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

バイクに乗れば、走行するだけで排気ガスやホコリ、路面から跳ね上がるドロなどでバイクは汚れてしまいます。

ライダージャケットなどは洗濯機で洗濯ができますが、バイクに場合、そうもいきません。

大切なバイクをキレイに維持するには洗車は不可欠なものです。

洗車用のシャンプーはいろいろな種類がありますが、今回はシュアラスターのゼロシャンプーでバイクの洗車をしてみました。

こちらがシュアラスターのゼロシャンプーです。

泡切れがよく、水滴が残りにくいので拭き取りが楽なのが特徴です。

洗車の前に・・・

用意したものは?

・ゼロシャンプー
・バケツ
・スポンジ
・吹き上げ用のタオル
・保護用の養生テープ

車を洗うときとあまり変わらないアイテムです。

洗車の際に、気をつけることは?

バイクのデリケートな部分は保護しておきましょう。

・マフラーの排気口
・キーシリンダー
・メーターやUSB口などの電装部分

準備として、マフラーの排気口は養生テープなどで塞いでおきましょう。

また、メーター部分には、電装関係の部品がたくさんありますのでできるだけ水がかからないように配慮しておくと良いと思います。

気になるときには、タオルなどで保護したり、養生テープなどで水が入らないようにしておくと安心です。

雨天時には水がかかるところではありますが、洗車は大量に水を使うのでできるだけかからないようにするか、養生テープなどで保護しておくと作業が楽に行えます。

洗車スタート

まずはバイクの全体を水で濡らしていきます。

前からや上からといったように部分に分けて水をかけるようにすると、マフラーの排気口やメーターなどの電装関係の部分に水がつきにくいです。

その後、ゼロシャンプーをあわだてます。

ゼロシャンプーをバケツに入れて、その中に勢いよく水を投入すると簡単に泡立ってくれます。

スポンジで車体を洗っていきます。

地面に近いほど、ドロなどの大きな汚れが多く、スポンジで洗っていくときに車体がゴミで傷ついてしまう恐れがあるので、車体の上部から洗っていきます。

ホイールなどの足回りは最後にすると良いと思います。

この時も、メーターやマフラーの排気口などの電装関係がある部分は泡がつかないようにしていきます。

洗い終わったあできるだけ上部から水をかけていきます。

(マフラー排気口や電動部分には気をつけてかけていきます)

最後に拭き上げです。

タオルはマイクロファイバータオルを2枚用意しました。

この時も、下部は汚れがまだ残っているかもしれないので、上部から拭いていきます。

タオル1枚で車体の上部。2枚目で下部。と分けるとやりやすいと思います。

車体の上部に使った方の水気を拭き取ったタオルを、綺麗な水で洗い、硬く絞ってメーターやシリンダー周りなどデリケートな部分を拭いて終了です。

水はけもよく簡単に洗車ができました!

綺麗なバイクでのツーリングはテンションが上がりますし、日頃からメンテナンスとして洗車などをして綺麗に保っておけばそれだけ長く乗れます。

涼しくなり洗車もしやすい時期になりましたし、綺麗なバイクでツーリングを楽しみたいと思います!

シェア

いいね

コンテンツへの感想