モノ/ガジェット

アルビオンのファンデーション「ホワイトパウダレスト」しっかり塗っても素肌感がすごい!

ダイスチャンネル

マルチ動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はアルビオン(ALBION)のパウダーファンデーション「ホワイトパウダレスト」です。

アルビオンは、クレンジングや化粧水などのスキンケア化粧品や、ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイク化粧品、アイメイクやネイル用品など様々な取り扱いがある化粧品メーカーです。

ホワイトパウダレストは、アルビオンのパウダレストシリーズのパウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションの良いところは、手軽に時短でメイクができることを感じる方も多いと思いますが、パウダーファンデーションにありがちな塗った後の粉っぽさや顔のカサつき、時間が立つと粉を噴いてしまうことなど、悩みがある方も多いかと思います。

ホワウトパウダレストは、いい意味でパウダー特有の粉っぽさを感じないパウダーファンデーションだと思います。

実際に使ってみましたが、パウダー特有の粉っぽさや、しっかり塗っているのに厚く塗った感を感じず、キレイな仕上がりでなのにサラっとしていて肌の透明感、素肌に近い仕上がりで驚きました。

カラーのラインナップは、全6色展開です。
標準色は050です。ピンクベージュ系とイエローベージュ系の中間色の色味なので、どんな肌色の方でも合わせやすい色だと思います。
私は、イエローベースのベージュで2番目に明るい「040」にしました。
(ファンデーションの着け心地などを体験する意味でも、お店で自分に合う色味を試すことがおすすめです)

010 イエローベージュ系の一番明るい色
030 ピンクベージュ系の一番明るい色
040 イエローベージュ系の二番目に明るい標準ベージュに近い色
050 標準色のベージュ
060 イエローベージュ系の標準ベージュより暗い色
070 標準ベージュの一番暗いの色

SPF25 PA++なのでUV対策もできます。

白色のホワイトパウダレストのケースはマット付きです。
ケースは、磁石を使った取り付け方法です。
シールの後も残らず、レフィルの取り付けも簡単にできました。
交換用のマットも別売りであります。

キレイにつけるコツとしての私のおすすめは、力加減を優しいタッチで、滑らせるように塗ることです。
私が実際にやっている塗り方は、顔半分ずつを
①紛量が一番多い最初に塗る部分を、ホホ骨の一番高い位置。黒目よりも外側から塗り始め、顔の外側に向かってスっと塗る。
②追加で粉をつけずに、最初にマットを置いた部分の下から顔の外側へ。(同じようにその次は、2番目にマットを置いた部分の下から外側に向かって塗るを繰り返す)
顎ラインまで終わったら、
③まだ塗っていない鼻の横から下瞼(目の下)を通り、顔のこめかみへ向かって塗る。
④鼻の横のまだ塗っていない部分を顔の外側に向かって塗る。
⑤おでこの中央から顔の外側に塗っていき、鼻は、鼻筋から塗る

私の場合ですが、最後に乾燥しているヵ所やもう少し塗りたいヵ所にパウダーを少量とり塗っていくと仕上がりよくできています。

パウダーファンデーションの粉っぽさが苦手で、リキッドファンデーションをずっと使っていましたが、ホワイトパウダレストは、それを感じず、とても簡単に塗れるのに、着け心地も軽く、しっかり塗っても厚く塗った感がないキレイな仕上がりにできてうれしかったですし、時間が経ってからもほどよいツヤが出ていて、崩れ方が汚くないところも嬉しいです。
ケースは持ち運びやすい大きさでバックに入れやすくとても良いと思いました。

最後になりますが、ホワイトパウダレストの体験や、自分に合うカラー選びができるのでお店で試すことがおすすめです。
(アルビオンHPで取扱店舗の検索ができます)

アルビオン
ホワイトパウダレスト
セット:5,000円(税抜)
レフィル:4,000円(税抜)
マット付ケース:1,000円(税抜)
交換用マット(パウダーファンデーション用)400円(税抜)

…続きを読む

関連タグ


モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る