モノ/ガジェット

カレラデジタル132「ピットレーン」にピットイン!リアルモードでより実車に近く遊べる!

ダイスチャンネル

マルチ動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は「カレラデジタル132」コースに「ピットレーン」を増設しました!

カレラデジタル132は、ドイツ生まれのスロットカーです。
スロットカーは、コースの溝に沿って走行するもので、電圧をコントロールすることでスピードを調節しながら車を走行させることができます。
アクセル全開でカーブに突入すると曲がり切れずコースアウトもしますし、アクセル加減ではドリフトのように車体を滑らせながら走行させることもできます。
カレラデジタル132は、1/32スケールです。
コースの増設ができ、最大で6台の走行が可能です。
オプションパーツやデジタルパーツも充実しているのでカスタマイズしてオリジナルコースでの走行も楽しめる仕様になっています。

今回、カレラデジタル132コースに「ピットレーン」を増設しました。
コントロールユニットとドライバーディスプレイと組み合わせると、走行する車体が仮想でガソリンが減っていき給油をするということができるようになります。
給油が必要となったときに、ピットレーンに引き入れて給油。給油後にまたコースへ戻る。ということが遊べます。

給油レベルの設定は、コントロールユニットのFUELで「OFF・ON・REAL」と選ぶことができます。
OFF:ガソリン消費しない
ON:ガソリン消費する
REAL:ガソリンを消費し、最高速度は燃料レベルに依存

リアルモードの場合、車は満タンで重く、速度は遅くなりブレーキ反応が弱くなります。
逆に、空タンクの車ほど速度は速く、ブレーキ反応が高くなります。
給油機能を使用するとよりレースがエキサイティングになり走行やレースの楽しさも増します。

箱の中には、取扱説明書も入っていますが、こちらは増設時の組み立て方がメインです。
機能については、コントロールユニットの手引書(コントロールユニットやカレラデジタルコースのセットに付属してくる取扱説明書)を見て確認します。
ドイツのスロットカーですが、説明書類には日本語表示部分もありますので翻訳なしで確認ができます。

現在は、2台での走行コースになっているので、ピットレーンは1つだけの増設にしました。
ベースカー機能とピットレーン機能を同時に使用する際には2つ増設したりするようです。
最大で6台走行できるので、大きなコースで走行する際にはベースカー機能もよさそうです!
カレラデジタル132の走行車両には、北欧の車も多く、作りも細かいのでコレクションとしても楽しめます。
メルセデス・ベンツやBMW、アウディなど海外の名車も多いのがとても魅力的だと思います。
オプションパーツやデジタルパーツも充実しているので、少しずつ増やしてオリジナルコースを楽しもうと思います。

■参考情報/Yahoo!ショッピング
カレラDigital132/124 ドライバーディスプレー
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z3kk8cob9j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products
カレラ Digital132/124 ピットレーン 20030356
https://shopping.yahoo.co.jp/search?X=4&p=%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%A9+Digital132%2F124+%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3+20030356&tab_ex=commerce&sc_i=shp_pc_search_prcrange_prng&pf=10000&pt=0

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る