タイトル画像

How to

  • いいね

真っ直ぐ切れると綺麗に仕上がる

DIY MAGAZINE

DIYクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

DIYの仕上がりの良し悪しは、材料を真っ直ぐ切れるかで変わってきます。
丸ノコや手ノコで真っ直ぐ切ったつもりでも、実際は微妙に斜めになっていたり、歪んでいたりするものです。

丸ノコで真っ直ぐ切るのに便利な、丸ノコガイド定規「TスライドⅡ」という製品があります。長さが30cm・45cm・60cm・90cmがあり、画像は30cmタイプです。

左右に対するブレ防止と上方への曲がりを抑える形状になっていて、左右のレバーで突き当てを上下左右に調整できます。

丸ノコにはガイドを固定する箇所があるので差し込んで使います。※画像は丸ノコの付属の物で、サイズが小さくブレ防止などが無いタイプです。

ガイドを付けていれば、丸ノコガイド定規が補助してくれるので、滑らせるように動かすだけで真っ直ぐ切ることができます。

大雑把で構わない所は使わなくてもいいですが、例えばキッチンパネルやお風呂の三方枠など、正確に直線を出したい場合は丸ノコガイドを使って切ると仕上がりが格段に綺麗になります。

手ノコの場合、のこぎりガイド(BG-1)という製品があるので、ガイドを使えば45度を正確にカットすることもできます。

廻縁や巾木などの角に収める箇所は、正確に45度にカットしないと収まらないのでDIYの必須アイテムとも言えます。

のこぎりガイドで切った木材は、真っ直ぐ正確にカットできているので

枠組みをDIYする時でもズレることなく簡単に組み立てることができます。

小さい木箱や小物を置く棚を作りたい方など、ガイドを使って真っ直ぐ切ることができれば綺麗に仕上がるので是非試してみてください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想