タイトル画像

専門マスター

  • いいね

「油粘土は、アセトンで溶けるかな?」実験やってみた。

DIY道楽のテツ

プロの溶接工で2児の父。バイク大好き&ママチャリ乗ってます

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「油粘土は、アセトンで溶けるかな?」実験やってみた。

・・・ええっとですね、これはあくまで個人的な興味による個人的な実験の記録です。高尚な目的で厳密な実験をしているわけではないのでご了承ください。

 ①油ねんどで作った型の中に

 ②アセトン(を含む)流動体を流し込んでも溶けず(変形せずに)

 ③型として機能するかどうか?

・・・を、調べたいのですよ。

てなわけで早速実験です。油粘土はダイソーで買ってきました。安物です。

ちょっと小さい気がする。安いから文句言えないですが。
ちょっと小さい気がする。安いから文句言えないですが。

さっそく、適当な大きさに千切ってこねていきますが、それにしてもダイソーの油ねんど、子供用という割には硬いですね。子供の力で捏ねることができるかどうか不安になりますが今回の実験においては問題ナシです。

すげー久しぶりの感触。なにやら楽しい気分になってきて恐竜とか作りたくなってきた。
すげー久しぶりの感触。なにやら楽しい気分になってきて恐竜とか作りたくなってきた。

先ほどまで汚れ作業やっていたので、手の汚れがすっかり粘土に移ってしまって大変お見苦しい状態になっちゃってますが、自分の手の汚れは落ちてしかもスベスベになってしまいました。(これはこれで大発見)

アセトンは普通に買えますが危険な溶剤です。取り扱い注意!
アセトンは普通に買えますが危険な溶剤です。取り扱い注意!

油粘土で作った器の中にアセトンを流し込みます。

あとは放置。(溶けた時のために、ステンレス製のトレーに入れてます)

変化なし・・・
変化なし・・・

30分経ち・・・

やっぱり変化なし ・・・ ? ・・・ いや、まてよ???
やっぱり変化なし ・・・ ? ・・・ いや、まてよ???

60分経過して・・・

変化がありました。アセトンが揮発して減っていることです!!!

(何も変化がなかったので大袈裟に言ってみました)

黒いブツブツは、さっきまで私の手についていたアブラ汚れです。品質に問題はありません。
黒いブツブツは、さっきまで私の手についていたアブラ汚れです。品質に問題はありません。

ここでアセトンを抜いて、油ねんどの状態を調べてみました。

うん、ほとんど変化なし!!!!

強いて言うならば、表面の艶がなくなって、油粘土表面特有の肌触り(?)ヌメッとしか感じがなくなってやたらにサラサラになったくらい。

余裕で柔らかい。
余裕で柔らかい。

また、柔軟性も変化なくて、ちょっとひねってみたらすぐ油粘土らしいヌメっとした部分が出てきました。

【結論】油粘土は、アセトンでは溶けない

もっと長時間浸けた場合などどうなるかはわかりませんが、その前にアセトンのほうが揮発してしまいますね。

・・・というわけで、個人的な理由による個人的な実験は成功いたしました。油粘土は「型」として機能してくれそうです。

油粘土って型取りに便利なんですよね~ 安いし。
油粘土って型取りに便利なんですよね~ 安いし。

これで、安心して実験は次の段階へと進むことができそうです~!!!(続く)

【アセトンの取り扱いについての注意点】
・火気厳禁(消防法:危険物第四類第一石油類水溶性) アセトンの引火点は-20と、常温でも引火します。 更に揮発性も高いので、使用時は必ず換気をして、火気がないことを確認してから使いましょう。
・換気に気を付けてください。防毒マスクの着用を推奨します。
・肌に付着した場合、驚くほどの脱脂能力があります。すぐに手が荒れてしまうので十分な洗浄ののちにスキンケア等の処置をお勧めします。

その他の記事もよろしくお願いいたします! ↓↓

■塗装

意外と簡単?楽しい!!バイクに ≪エイジング塗装≫ やってみたレポート。

肌に触れる木部は「浸透型の木材保護塗料」がいいみたい。

 ■補修テクニック

劣化したゴム部品補修の救世主!硬くならない夢のような接着剤

 ■裏技

【裏技】「頭をネジ切ったボルト」の抜き方を教えます~!

シェア

いいね

コンテンツへの感想