専門マスター

【ペイント】ココが違うよ!「缶スプレー」と、「スプレーガン」

DIY道楽のテツ

プロの溶接工で2児の父。バイク大好き&ママチャリ乗ってます

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!プロの溶接工で二児の父、DIY道楽 テツです。

今回は『【ペイント】ココが違うよ!「缶スプレー」と、「スプレーガン」』です!

今回は、塗装ネタです。缶スプレーと、スプレーガンの違いを紹介します!

◎缶スプレーの特徴は・・・
・すぐ使える
・片付け不要
・広い範囲を塗ると割高になる
・吹付けパターンが調整できない

◎スプレーガンの特徴は・・・
・コンプレッサーが必要
・準備と後片付けがある
・あらゆる塗料が使える
・好きな色を作ることができる
・塗装パターンの自由度が高い
 ①エアーの流量調整(吹き付けの強さが変わります)
 ②吹き付けパターンの変更(縦吹き/横吹き 360度回ります)
 ③塗装の範囲調整(広さが変わります)
 ④カップの向きを変えれば、上吹き 下吹き 自由自在の向きに塗装できます

コンプレッサーが必要になったり、後片付けがあったり、使うのには多少の練習が必要ではありますが、缶スプレーには絶対できない塗装が、スプレーガンにはできます。

興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください!

・・・というわけで、今回もご視聴ありがとうございました!!
これからも、プロが持っているノウハウを色んな方にも生かしてもらえるようにシェアしていきたいと思ってます! モノづくりの経験を生かした動画を作っていくので、「いいね!」そして、宜しければ「フォロー」をお願いします!!

…続きを読む

関連タグ