How to

【空き家再生】30万円で相続物件をセルフリフォーム!Vol.11

DIY MAGAZINE

DIYクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

築45年の一戸建て中古物件をセルフリノベーションしている
『DIY MAGAZINE』のセーチです。

DIY素人が、雨漏りした相続物件の空き家をDIYで蘇らせていく動画です。

長年放置されていた空き家の壁や天井やキッチンなど、1つ1つリフォームしていきますので、気になる場所を覗いてください。
工程が多い場所はシリーズ化しているのでVol.1から順番に見て頂けると嬉しいです。

【空き家再生】30万円で相続物件をセルフリフォーム!Vol.11
Vol.11は「下塗り用パテの上に仕上げ用パテを塗る」作業です。

前回、石膏ボードのつなぎ目に下塗り用粉パテで処理しました。
今回はその上から仕上げ用パテを使って処理をします。

粉パテは下塗り用と仕上げ用の2種類を用意。
それぞれ、約1kg使いました。(水は500ml)
粉を練る時は壁紙の裏面が使えるので、綺麗に剥げた古い壁紙を取っておいてください。

上塗り用パテは狭く塗ると凹凸ができていまい、壁紙を貼った時の仕上がりが悪くなるので、幅の広いヘラを使って大きく塗ります。
パテが乾いた後は、サンディングして表面の小さな凹凸を整えます。
これで壁紙を貼る前の天井下地処理は終了です。

次回は窓枠などを塗装する作業です。

…続きを読む