タイトル画像

専門マスター

  • いいね

自作キャンピングカー完成までの記録#2 ベース車解体作業

DOCUMENT [ドキュメント]

車中泊で旅をするバンライフ夫婦

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!私たち夫婦は、昨年8ヶ月かけて自作キャンピングカーを完成させました。ソーシャルディスタンスが求められるこの世の中で、キャンピングカーの需要が高まってきています。でもやっぱり高価なキャンピングカー。ゆえに自作をしてみようという方も多いのではないでしょうか?ということで今回からはそんな方々のために、自作キャンピングカー完成までの道のりをシリーズでお伝えしようと思います!

完成までの大まかな流れ

  1. ベース車購入 (読んでない方はこちらから)
  2. 車内解体作業 ←今回はこちら!
  3. 全塗装
  4. 断熱と配線
  5. 玄関製作
  6. 壁製作
  7. 床製作
  8. エアコン取り付け
  9. ベッド製作
  10. キッチン製作
  11. 棚製作
  12. 水道製作
  13. 完成

そもそもなぜ解体が必要?

私たちが買ったのは1.5トンのボックストラック。もともとは配送用として使われていたようで、中はベニヤで囲われていました。このまま使うとその分壁が厚く小さな空間になってしまいます。また、このトラックの入り口は天井に収納する方式のシャッターでした。シャッターをそのままにするとその分天井が下がってしまい、高さが十分ではなかったため、今回はシャッターも全て外すことにしました。

購入したトラック
購入したトラック

解体はあえて業者に依頼!

いよいよ解体作業です。今回私たちはあえて解体作業自体は業者さんにお願いしました。自分でもできなくないですが、金具を切り取る特殊な工具が必要だったり、作業時間を考えて今回はお願いすることにしました。またシャッターなど動くものに関しては特殊な仕組みなので、むやみに手を出すと大怪我する可能性もあります。自分でやった方がもちろん安くすみますが、入念な準備をしてから作業することをお勧めします。

大体1日で作業は完了!意外とでるゴミの置き場に注意!

ということで解体作業はプロにお願いして進めました。解体の作業時間は半日程度で終了しました。解体後のゴミは粗大ゴミ扱いになるため、後日ゴミ焼却所に自分で持っていくか、専用の業者に引き取ってもらう必要があります。そのため、ゴミ置き場も事前に確保して置くことをお勧めします。

これの3倍程度のゴミが出ました
これの3倍程度のゴミが出ました

もし窓をつける場合はこの時点で!

ちなみに私たちの場合はトラックに大きな窓をつけようと思っていました。その場合、窓は解体後すぐにつけることになります。見切り発車で進めるとあとあと窓が開けられないということにもなりかねないため、解体作業を始める前に設計図は必ず用意しておくことにしましょう。また、窓の取り付けも外に剥き出しの部分となるため、業者にお願いすることをお勧めします。

鉄板を切って窓を取り付ける様子
鉄板を切って窓を取り付ける様子

まとめ

以上は解体作業の流れです。次からはいよいよトラックの塗装に入ります!がらっと変わりますので、お楽しみに!今回も作業は動画でもまとまっているので、よければご覧ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想