タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

50万円トラックをリノベ!自作キャンピングカーができるまで「床製作編」

DOCUMENT [ドキュメント]

車中泊で旅をするバンライフ夫婦

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!私たち夫婦は、1年前約8ヶ月かけて50万円のトラックをリノベして自作キャンピングカーを完成させました。ソーシャルディスタンスが求められるこの世の中で、キャンピングカーの需要が高まってきています。でもやっぱり高価なキャンピングカー。ゆえに自作をしてみようという方も多いのではないでしょうか?ということで今回からはそんな方々のために、自作キャンピングカー完成までの道のりをシリーズでお伝えしようと思います!

完成までの大まかな流れ

  1. ベース車購入
  2. 車内解体作業

  3. 全塗装

  4. 断熱と軽い配線
  5. 玄関製作
  6. 壁製作
  7. 床製作
 ←今回はこちら!
  8. 天井制作

  9. 電気供給開始

  10. エアコン取り付け

  11. ベッド製作

  12. キッチン製作

  13. 棚製作

  14. 水道製作

  15. 仕上げと完成

  16. 壁製作までの道のり

床ができるまで

ベース車をトラックにすれば床張りは意外と簡単!

私たちがトラックをベース車に選んだ理由の1つに、箱型だったというのがあります。普通の車では凹凸が激しく、DIY初心者の私たちでは綺麗に仕上がらないと考えました。トラックの荷室は単純な箱なので、キャンピングカーというよりは、部屋を作る感覚に近い作業だったと思います。床張り作業がうまくいったのは、この利点が大きかったと思います。

箱型のいすゞトラック
箱型のいすゞトラック

床には硬めで匂いもよいヒノキ板がおすすめ!

今回は床材として、ヒノキのフローリング板を使いました。ヒノキは硬めで傷付きにくく、非常に良い香りがします。仕上げから1年経った今でもドアを開けるとヒノキの匂いが立ち込めるので、床におすすめの材料です。

ヒノキのフローリング材
ヒノキのフローリング材

いよいよ床張り!まずは荒床と呼ばれる作業から。

いよいよ実際の床張り作業の説明に移ります。元々あるトラックの床に根太と呼ばれる柱を何本か渡したら、間に断熱材を差し込んでおきます。その後、荒床と呼ばれる床を張る前の板を張っていきます。これはベニヤでOKです。それらを敷き詰めて、フラットな状態にしていきます。

根太と断熱材の上にベニヤを張っていく
根太と断熱材の上にベニヤを張っていく

あとは1枚ずつ張っていくだけ!

床張り自体は、特に難しい作業はありません。1枚ずつボンドをしてビスで固定していきます。ちなみにこの作業日は雨だったのですが、雨だと板が縮んでしまうため、あとで見てみたら隙間が空いてしまっていました・・。床は隙間がわかりやすいので、日程に余裕のある方は晴れた日に張ることをおすすめします。

丁寧に1枚ずつ張っていく
丁寧に1枚ずつ張っていく

あとはとにかく張っていけば完成です!張る作業自体は1日で完了しました。ヒノキのフローリングなので、非常に気持ち良い環境になりました!

寝転びたくなるヒノキ床
寝転びたくなるヒノキ床

床製作の様子は動画でも上がっているので、ぜひみてください!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想