タイトル画像

専門マスター

  • いいね

うつ病の時に「禁止」すべき3つの考え【自分を守ろう】

精神科医しょう

精神科医/メンタルドクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、精神科医しょうです。

私は普段、精神科での外来診療に加え、インスタやvoicyにてHSP気質に関する発信を行なっています。

HSP気質とは繊細で敏感、共感性豊かな人々のことを指します。

あなたにも少しでも思い当たる節があるのであれば、知っておいてほしい気質なんですよ。

HSP気質について簡単に知りたい!

さて、精神科外来やインスタにて、時々こんなことを耳にすることがあります。

「自分はうつではなく甘えではないか」

「もっと頑張らなくてはいけない」

こんな自分自身にプレッシャーをかけてしまうような考えでより自分を苦しめてしまうんですね。

このような考えで自分を痛めつけていたらうつ病もなかなか治らないのではないでしょうか…。

そこで本日はうつ病の時に禁止すべき3つの考えについてお伝えします!

この記事を読んで欲しい人
・うつ病に悩んでいる人
・自分自身に優しくできない人

この記事を読むメリット
・うつ病の時にしてはいけない考えがわかる
・少しだけ自分自身に優しくできるようになる

この記事の信頼性
・精神科での外来診療に加え、インスタにて5万人以上のHSPさんとの関わりから発信します

うつ病の時に禁止すべき3つの考え

①「うつは甘え」

「うつ病は甘えだ」、「うつ病は怠けだ」などという考えをする方が少なからずいます。

このような第三者の言葉が、うつ病に悩む当事者のことを深く傷つけます。

加えて、うつ病に悩む方自身がこのような考えを持っていて、自分自身を傷つけてしまいさらにうつ状態を強めていることがあるんですね。

「うつ病は甘えだ」、「うつ病は怠けだ」という考えも全て間違いです。そして、禁止すべき考えなんです。

うつ病は脳内の神経伝達物質の乱れからくる病気であり、根性や頑張りでカバーできるものではありません。

うつ病の事がわからない第三者がうつ病に悩む当事者のことを、このような考えで傷つけることも非常に悲しいことです。

そして、このような考えを持っていて、自分自身を傷つける事もやめて欲しいと思います。

②「うつ病は逃げでしょ」

「うつ病は気の持ちよう」、「うつ病は逃げ」などと思う方も少ならからずいます。

もちろんうつ病は気の持ちようでも逃げでもありません。

先程もお話した通り、病気なんです。

気の持ちようだから、逃げだからなどと治療を受けなかったり我慢してしまう方が時々います。

このような方は責任感が強く、ストレスを抱えながらも活動し続けてしまうんですね。

本当はその環境から離れ、休まなくてはいけないのに、そのような考えから休めません。

休めないことで更に抑うつ状態を強めてしまうんです。

本当は休養が必要な状態なのに。「うつは逃げでしょ」という考えは禁止にした方が良い考えと私は思います。

③「周りが頑張ってるから頑張らないと」

「自分なんてまだまだ」、「もっと頑張らないと」、「周りは頑張ってる」などと周りと比較してしまう方はとても多いんですね。

そもそもですが、周りと比較してもなんのメリットもないんですよ。

だってその人の生ま育った環境、家族、体格、言語、などなど全ての前提要素が違いすぎるんですもの。

「周りは頑張っている」から頑張らないとと思っても、実際にはその周りはそこまで頑張っていないことがってあるんです。

「周りは頑張っている」と思っている方の方が頑張りすぎているんですよね。

本当に必要なのは頑張りではなくて、お休みなんです。

確かに頑張らなくてもいけない時期もあります。しかし、同じくらいお休みしなくてはいけない時期だってあるんです。

今はお休みする時期だと思って、お休みすることに頑張るのはいかがでしょうか。

まとめ

本日はうつ病の時に禁止すべき3つの考えについてお伝えしました!

いかがでしたか?

知らず知らずのうちにこのような考えをしてしまっていた方も多いのではないでしょうか。

もし当てはまっていたら、このような考えはしないようにしてくださいね♪

自分を苦しめず無理しないで欲しいと願っております♪

私のブログのテーマは、「他人軸でなく自分軸で気楽に生きる」です。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

「他人の顔色ばかりみてクタクタ」

「自分の意思で生きられない」

「いつも後悔ばかりでグルグル一人反省会」

そんなあなたはこちらの記事を読んでみてくださいね。

クリックし自分軸で気楽に生きられるようになる記事を読む!

あなたが「自分軸で気楽に生きられるようになる」ことを願っています♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想