タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【知らないと損をする】うつ病だと「絶対に」当てはまる2つの特徴

精神科医しょう

精神科医/メンタルドクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、精神科医しょうです。

私は普段、精神科での外来診療に加え、インスタにてHSP気質に関する発信を行なっています。

HSP気質について知りたい方はこちらの記事を読んでみてね!

外来をやっていると時々、患者さんからこんな質問を受けることがあります。

「自分はうつかもしれない…」

「自分はうつ病なのかどうかわからない」

ネットで検索するとうつ病チェックリストのようなものが溢れ、たくさん当てはまったけど結局うつ病なのかどうかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事はそんなうつ病かどうかわからず、悩んでいる方向けに書いた記事です。

そんなあなたのために、うつ病だと「絶対に」当てはまる2つの特徴がありますのでお伝えしますね!

この記事を読んでほしい人

・自分がうつ病ではと悩んでいる人

・うつ病であれば当てはまる特徴について知りたい人

この記事を読むメリット

・うつ病であれば絶対に当てはまる2つの特徴がわかる

この記事の信頼性

・普段の精神科での外来診療に加え、インスタにて5万人以上のフォロワーさんとの関わりから発信します

うつ病であれば「絶対に」当てはまる2つの特徴

まず前提としてこれから紹介する2つの特徴は、一瞬当てはまったからうつ病と診断されるものではありません。

かつ、一日中続いてかつ2週間以上持続しているものなんです。

そのため、日常生活になんらかの支障が及んでいる状態にあることは間違いありません。

それでは2つの特徴についてお伝えします。

興味または喜びの喪失

これは一言で言うと、これまで好きだったこと、興味があったことに対して興味が持てなくなる状態のことなんです。

例えば、毎日のように好きで見ていた野球中継が見れないとか、趣味で楽しんでいた編み物が全然楽しめないとかそういったことです。

人は好きなものに対してはエネルギーをそこまで使わずにこなすことができます。

私もどんなに疲れている時でも、好きなお笑い番組を見ることはさほどのエネルギーを使わずとも楽しめることができます。

しかし、うつ病の状態にあるときにはそれができません。

本来、自分にとってエネルギーを使わずにできていたことでさえ、できなくなるということは心身のエネルギーが枯渇しているという事になりますよね。

うつ病は心身のエネルギーが枯渇している状態とも言えます。

エネルギーが枯渇していると、これまでに好きだった、楽しめていたことにさえ気が向かなくなってしまうんですね。

これが一つ目の特徴である興味または喜びの喪失です。

抑うつ気分

これは一言で言うとというか読んでそのままですが、気分が落ち込む事ですね。

気分が落ち込むことは誰しもあります。家族や友人と喧嘩した時、仕事でうまくいかなかった時などなど。

しかし、うつ病の時に当てはまる抑うつ気分はそのような一過性のものではありません。

一日中気持ちが沈んでいる状態で、その状態が何週にもわたって続く状態なんです。

一時的な落ち込みでさえ苦痛は強いのに、それが何週にもわたるとすると苦痛で苦痛で仕方ないですよね…。

先程、家族や友人との喧嘩、仕事でうまくいかなかった時の一時的な落ち込みとは違うとお話しました。

しかし、一時的な落ち込みのはずが、時折長引いてしまうことがあります。

通常一時的なものであるはずの落ち込みが2週間以上続いてしまい場合には、うつ病の可能性もあり要注意ですよ!

まとめ

本日はうつ病だと「絶対に」当てはまる2つの特徴がありますのでお伝えしました。

この2つの特徴はうつ病の診断基準にも載っているくらい絶対的な基準の一つです。

しかし、この2つの特徴に当てはまるから即うつ病というわけでもありません。

うつ病であるかどうかは精神科医の診断をしっかり受けないといけません。

そして、この2つの特徴に当てはまらないからといって我慢するのもやめてほしいと思います。

あなたが辛い状態にあるのであれば、誰かの助けを得ることを躊躇しないでくださいね!

この記事を読んで少しでもあなたの気持ちが楽になれば嬉しいです♪

私のブログのテーマは、「他人軸でなく自分軸で気楽に生きる」です。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

「他人の顔色ばかりみてクタクタ」

「自分の意思で生きられない」

「いつも後悔ばかりでグルグル一人反省会」

そんなあなたはこちらの記事を読んでみてくださいね。

クリックし自分軸で気楽に生きられるようになる記事を読む!

あなたが「自分軸で気楽に生きられるようになる」ことを願っています♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想