タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

HSPの『診断』を受けるには?”本当は怖い”病気が隠れているかも

精神科医しょう

精神科医/メンタルドクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、精神科医しょうです。私は普段、精神科での外来を行い、インスタやvoicyにてHSP気質に関する発信を行なっています。インスタにも遊びにきてね(外部リンク)

日本でもここ最近、認知度が高くなってきたHSPですが、オンライン講座や交流会、カウンセリングなども多く存在し、今後ますますHSPについての認識が高まっていきそうです。

そんなHSPですが、中には病気かも?と不安を抱えてしまう方もいるようです。

HSPはあくまでも生まれもった「気質」なのですが、精神疾患や障がいと類似した特徴もあります。

今回はHSPに似た症状がある病気や障がいについて紹介するとともに、HSPだと診断を受けるには何科を受診すれば良いのかについて解説します。

HSPとは?

HSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で1996年アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士(女性)により提唱された理論です。

HSPは非常に繊細な気質を持つ一方で、想像力豊かな内面世界を持っています。

五感が優れ刺激を受けやすいため、日常生活を送る上で、疲れやすく気苦労が絶えません。

HSPは病気?

アーロン博士の研究で全人口の15~20%が該当すると言われています。

HSPについてはまだ知られていないことも多く、周りからの理解が乏しいことも事実です。

しかし、HSPは病気ではなく生まれ持った「気質」です。

髪の色、肌の色、目の色、背の高さなどと同じく、生まれた時から決まっている特徴です。

「HSPかも?」と思った時は、今までの自分を振り返り、能力を活かす方法を考えましょう!

HSP診断について

自分や身内がHSPかどうかの判断に迷った場合は、簡単なセルフチェックをしてみましょう。

「HSP 診断」と入力し、ネット検索をするとたくさんの紹介サイトが出てきます。

すぐにできる簡単なものから選択項目が充実しているものなど、色々と試してみることをオススメします。

自分が当てはまる項目にチェックを入れるとHSPかどうかの判定をしてくれますよ。

ただし、ほとんどは医学的な診断ではないため、自分がどの程度敏感かを知るヒントとして捉えていただけたらと思います。

HSPの特徴について

アーロン博士は、HSPに共通する4つの特徴「DOES」について提唱しました。

  • Depth of processing:物事を深く考える
  • Overstimulated:過剰に刺激を受け取る
  • Emotional reactivity and high empathy:共感力が高い
  • Sensitivity to subtleties:鋭い感覚を持つ

これらの4つの特徴、すべてにあてはまったらHSPの可能性が高いです。

HSPかどうかを医学的に判断してほしい場合

自分や身内がHSPかもしれないと感じたら、不安で居ても立っても居られない!

そう思ったら、何科を受診すれば良いのでしょうか?

いくつか紹介します。

心療内科・精神科

まずは近くの心療内科や精神科を受診してみてはいかがでしょうか。

心療内科や精神科を受診すると医学的病名として「不安神経症」と診断されることがほとんどのようです。HSP気質はあくまで気質であって病気ではないので、このようなことになることが多いのです。ごく稀にHSP外来をというのも目にすることはありますから、極めて稀と考えてもいいでしょう。

心療内科や精神科では、漢方薬やカウンセリングにより症状を緩和させる治療をしてもらえるかもしれませんので、興味のある方は、医師に相談してみましょう。

内科・婦人科

身体に現れる症状として、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れがあります。

HSPは人一倍、体の不調に敏感なので、このような身体的症状の場合は内科や婦人科の受診が良いでしょう。

まとめ

今回はHSPの診断を受けるには何科を受診すれば良いのかについて解説しました。

HSPは生まれ持っての「気質」で病気ではありません。

しかし、HSPと診断が必要な場合や、病名をつけなければならない場合は、今回紹介した心療内科や精神科、HSP外来があるクリニックを受診すると良いかもしれませんね。

もちろん、かかりつけ医がいる場合は、一度相談してみるのも良い方法だと思います。

もしかしたら、HSP気質以外の疾患が潜んでいる可能性もありますので、症状がひどい場合はすぐに診察の予約を入れましょう。

私のブログのテーマは、「他人軸でなく自分軸で気楽に生きる」です。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

「人の顔色ばかり気になり自分の意見を言えない」

「人の発する言葉や、雰囲気を察するあまりクタクタになってしまう」

「毎日の1人反省会がやめられず落ちこむ」

そんなあなたはこちらの記事を読んでみてくださいね↓

他人軸ではなく自分軸で気楽に生きる記事を読む(外部リンク)

あなたの気持ちが楽になりますように♪

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想