タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

うつ病だと当てはまる”意外”な『共通点』見落とすと危険な真実とは?

精神科医しょう

精神科医/メンタルドクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、精神科医しょうです。

私は普段、精神科での外来診療に加え、インスタにてHSP気質に関する発信を行なっています。インスタにも遊びにきてね(外部リンク)

外来をやっていると時々、患者さんからこんな質問を受けることがあります。

「うつ病だと当てはまる共通点ってありますか」

「自分がうつ病なのかどうかわからない」

この記事はそんなうつ病かどうかわからず、悩んでいる方向けに書いた記事です。

そんなあなたのために、うつ病だと当てはまる「意外な」共通点がありますのでお伝えしますね!この共通点を見落とさないように気をつけてくださいね。

この記事を読んでほしい人

  • 自分がうつ病ではと悩んでいる人
  • うつ病であれば当てはまる共通点について知りたい人

この記事を読むメリット

  • うつ病であれば当てはまる共通点がわかる

この記事の信頼性

  • 普段の精神科での外来診療に加え、インスタにて6万人以上のフォロワーさんとの関わりから発信します

うつ病だと当てはまる意外な特徴について

結論から言いますと、うつ病だと当てはまる意外な特徴とは「興味・喜びの喪失」です。

「え、なにそれ?」「なんだか漠然としていてよくわからない」といったような声が聞こえてきたような気がしてきました。

もう少し深堀りしていきましょう。

興味・喜びの喪失とは

興味・喜びを喪失しているというのはどのような状態でしょう。

もう少し噛み砕いてお話をすると、「もともと好きだったことに興味や喜びがなくなる」という意味なんです。

例えば、もともと編み物やお料理がとても好きで日課にしていた女性が、パタっとそういった日課をやめたらとても不自然ですよね。

もともとビールを飲みながらのナイター中継が好きだった男性が、パタっとやめたらそれも不自然ですよね。

これらは本人の意思で、やめようと思ってやめたわけではないんです。編み物や料理、ナイター中継に飽きたというのとは全く違う状態なんですね。

こういった自分の意思でそうなろうと思ったのではなく自然とそうなった状態が、興味・喜びの喪失と言われる症状なんです。

うつ病は精神活動のエネルギーが枯渇した状態です。

そのため、あらゆるものに対する興味とか感情が失われてしまうんですね。

気分の落ち込みのようなわかりやすい症状だけではなく、こういった興味や喜びといったところまで影響を及ぼすのがうつ病なんです。

興味・喜びを失ってきたら?

「なんだか億劫だなぁ」

「めんどくさいなぁ」と好きだったことに、興味や感情を一時的に持てなくなることは誰しもにあります。

しかし、あんなに好きだったことに対して、数週間、数ヶ月と興味を持てなくなるのは病的と言えます。

だって考えてもみたらこれまでに好きでずっとやってきた趣味に一時的に飽きることはあっても、また時間が経ったらやりたいと思うのが通常だとは思いませんか?

だから数日であれば様子をみても良いですが、数週、数ヶ月と続く場合には我慢はおすすめできません。おそらくそのような状態の時には眠れないとか、気持ちが落ち込むとか、不安が強いとか、食欲が落ちたとか随伴する症状がいくつか出ているはずなんです。

数週も数ヶ月も興味や喜びが失われているのであれば、早めに精神医療機関にかかることをおすすめします。

まとめ

本日はうつ病だと当てはまる意外な特徴がありますのでお伝えしました。

いかがでしたか?

気分の落ち込みは、うつ病の症状としてイメージしやすかったかもしれませんが、興味・喜びの喪失という症状もあるんですね。

意外と見落としやすい症状ですが、今回の記事が少しでも気づきになったりあなたの気持ちが楽になると嬉しいです♪

私のブログのテーマは、「他人軸でなく自分軸で気楽に生きる」です。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

「人の顔色ばかり気になり自分の意見を言えない」

「人の発する言葉や、雰囲気を察するあまりクタクタになってしまう」

「毎日の1人反省会がやめられず落ちこむ」

そんなあなたはこちらの記事を読んでみてくださいね↓

他人軸ではなく自分軸で気楽に生きる記事を読む(外部リンク)

あなたの気持ちが楽になりますように♪

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。