タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

うつ病に”なりやすい人”の3つの『共通点』とは!?このタイプに当てはまる人は危険?

精神科医しょう

精神科医/メンタルドクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、精神科医しょうです。

私は普段、精神科での外来診療に加え、インスタにてHSP気質に関する発信を行なっています。インスタにも遊びにきてね(外部リンク)

外来をやっていると時々、患者さんからこんな質問を受けることがあります。

「うつ病はどんな性格の人がなりやすいのですか」

うつ病は脳内の神経伝達物質の乱れから起きる病気です。しかし、少なからず性格の関与というのもあるんですね。

そこで、うつ病になりやすい3つのタイプがありますのでお伝えしますね!

この記事を読んでほしい人

  • 自分がうつ病ではと悩んでいる人
  • うつ病になりやすい性格を知りたい人

この記事を読むメリット

  • うつ病になりやすい性格がわかる

この記事の信頼性

  • 普段の精神科での外来診療に加え、インスタにて6万人以上のフォロワーさんとの関わりから発信します

うつ病になりやすい3つのタイプとは?

うつ病になりやすい性格傾向の方について、ここでは3種類に分類してお伝えしていきます。

この3種類の性格はメランコリー親和型性格と言われるもので、昔から精神医学においてうつ病になりやすい性格傾向の方として捉えられてきました。

その3つの性格傾向とは以下の通りです。

  • 几帳面
  • 生真面目
  • 責任感が強い

いかがでしたでしょうか?「自分にも当てはまる…」と感じた方もいるのではないでしょうか。

ところで、この3つの性格傾向は昔ながらの日本人にぴったりの性格傾向のように感じませんか。

真面目で仕事にも几帳面で些細なことにも手を抜かない。責任感がとても強く、周りよりも自分を犠牲にしてやるべきことをしっかりと完遂する。このような昔ながらの日本人を表しているかのようですね。

3つのタイプに当てはまらない人は安心?

確かにこの3つのメランコリー親和型のタイプの方がうつ病になりやすい傾向にあるのは事実です。

ではこの3つのタイプに当てはまらない人はうつ病になりにくいのかという疑問が浮かびますよね。

うつ病には外因性、内因性、心因性といって、その病因ごとに分類されています。ざっくりと言うと外因性というのは何らかの体の病気があってうつ状態を呈する状態、心因性というのは性格要因やストレスをきっかけに起きるうつ状態、そして内因性は脳内の神経伝達物質の乱れからくるうつ状態というように分類されます。

かつてはメランコリー親和型の性格の方は、内因性うつ病になりやすいと考えられ、それ以外の性格の方は心因性と捉えられていた傾向にありました。内因性は脳内の神経伝達物質の乱れからくるので、その乱れが改善すれば良くなります。しかし、心因性は性格やストレスの関与が強いので、治りにくいと考えられてきたんです。

つまりメランコリー親和型性格以外の性格傾向の方は、うつ病が治りにくいと考えられていた時期もあったということなんです。

しかし、最近ではメランコリー親和型に当てはまらない性格傾向の方でも、内因性のうつ病を呈することがあり、あまりメランコリー親和型性格については重要視されなくなってきたんです。

ここではその背景について触れることは避けますが、3つのタイプ以外の性格であっても、「3つに当てはまらないからうつ病じゃないね」と考えることはできないと言うことなんです。

まとめ

本日はうつ病になりやすい3つの性格傾向についてお伝えしました。

その3つの性格傾向とは以下の通りです。

  • 几帳面
  • 生真面目
  • 責任感が強い

この3つに当てはまる場合にはうつ病になりやすいです。しかし、当てはまらないからといってうつ病ではないとは言えません。

もし現在、うつ病に悩んでいる方で、病院にかからず我慢している方もいるのではないでしょうか。この記事を読んで少しでもあなたの気持ちが楽になれば嬉しいです!

私のブログのテーマは、「他人軸でなく自分軸で気楽に生きる」です。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

「人の顔色ばかり気になり自分の意見を言えない」

「人の発する言葉や、雰囲気を察するあまりクタクタになってしまう」

「毎日の1人反省会がやめられず落ちこむ」

そんなあなたはこちらの記事を読んでみてくださいね↓

他人軸ではなく自分軸で気楽に生きる記事を読む(外部リンク)

あなたの気持ちが楽になりますように♪

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。