タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【犬のしつけ】全然意味が無い「間違ったほめ方」にご注意ください!

ドッグトレーナー/金倉高志

犬のしつけ教室【ドッグキャッチ】

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。ドッグキャッチしつけ教室 トレーナーの金倉です。

・・・・・・・・・・・・

ぼくは普段からほめてしつけをすることをお勧めしています。

ほめ方はYouTubeで配信している動画でのぼくのやり方を真似してもらうと良いかと思いますが、今回は、あまり効果的ではない間違ったほめ方を5つご紹介していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

1.タイミングが遅い

例えば、トイレのしつけをする時のこと。

犬は、良いことができた時にすぐにほめなければ、何に褒められているのかが分からないため、トイレのサークルに入れて、見ていない内におしっこをして⇒後になってほめても犬の頭の中では行動とごほうびが紐づけされていないため、意味がなくなってしまいます。

リスクはないので問題にはなりませんが「ほめ」の効果はまったくありません。

・・・・・・・・・・・・

2.何でもかんでもオーバーリアクションでほめる。

何かを教えたいときに、成功をほめるのは大前提ですが、犬の様子をしっかり見るようにして下さい。

興奮しすぎてしまうような場合は、オーバーリアクションでほめることは逆効果になってしまいます。

ほめてしつけることにはほとんどリスクがありませんが、犬が興奮しすぎて我を忘れてしまいそうな感じがするようなら、少しトーンを下げて、優しくほめることを心がけてください。

犬の状態を見ながら、どのようなほめ方をすると愛犬が一番リラックスしながら喜んで、学習することが出来るかを考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・

3.喜んでいないものを与える

トレーニングをするときに成功をほめることが大切になります。

ごほうびを犬の立場から考えてみると「お得なことが起こる」ということになるのですが、飼い主さんが犬が喜ぶと考えて用意したものが、犬にとって全く嬉しくないものの場合があります。

例えば、頭を撫でられることは嬉しくない犬もいますし、

おやつがあんまり好きではない犬もいます。

飼い主さんとの信頼関係がイマイチの場合だと、飼い主さんに褒められても全然嬉しくない可能性もあります。

愛犬がどうやったら「お得」を感じるか?日頃から様子をよく見て、喜ぶごほうびを用意してトレーニングをしてみてください。

・・・・・・・・・・・・

4.必要以上にごほうびのおやつをあげる

愛犬が喜ぶものを用意してあげたい!喜ぶ顔が見たい!というのは飼い主さん誰もが思うことだと思います。

今さら言われることでもないかと思いますが、食べ物のごほうびは、適量をしっかり考えて与えてください。

トレーニングをする場合は、大きなおやつを使うとすぐにお腹がいっぱいになって集中力がなくなってしまいます。

人と一緒で、肥満になるのはそんなに難しくありません。

おやつのあげすぎには、くれぐれもご注意ください。

・・・・・・・・・・・・

5.ほめてはいけないタイミングでほめる

「おすわりというと、伏せをしてしまうんです~」とおっしゃる飼い主さんは、結構います。

ごほうびのタイミングがずれてしまうと、おかしな癖につながってしまうのでご注意ください。

YouTubeでは、子犬ちゃんと実践しながら解説していますのでぜひ動画をご覧ください。

【動画】ほめ方にはコツがある!間違ったほめ方にご注意ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想