タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【犬の散歩 危険】犬が散歩中にリードを噛むのは直せます。

ドッグトレーナー/金倉高志

犬のしつけ教室【ドッグキャッチ】

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。ドッグキャッチしつけ教室 トレーナーの金倉高志です。

今回は「お散歩中にリードを噛む犬」についてお話していきたいと思います。

リードを噛んでしまうわんちゃんは少なくありません。

ただ、リードはお散歩をするときに、愛犬の命をつないでいる大切なアイテムです。

ぜひ、リードを噛む癖はしっかり直して、安心してお散歩に行ってほしいと思いますので、どうぞ最後までご覧ください。

・・・・・・・

一番大切なことは、とにかく

「リードを噛ませない」ことを徹底するということです。

うちの犬はリードを噛んでしまう。と相談してくる飼い主さんは、

すでにリードを噛ませてしまっているということなので、とにかく噛ませるな!と、それだけで説明を終わってもいいくらいに思っています。

ただ、ちょっとそれではずいぶんと強制的な回答になってしまうので、もう少しお話ししたいと思います。

まず、どうして犬がリードを噛んでしまうのか?

・目の前でプラプラしていておもちゃのように思ってる。とか

・噛むと、飼い主さんがかまってくれるので楽しい。とか

・ひもでつながれているのが気に入らない。

といったことなどが原因になっているかと思います。

おもちゃのようで気になるから噛んでくる場合

リードを短く持って、視界にリードが入らないように注意しながらお散歩をしてください。

これはおもちゃではないということをじっくり教えてあげなければいけません。噛むことを忘れてしまうくらいになるまで注意して続けてください。

☆☆☆

それから、噛むとかまってくれるから楽しいと思っているわんちゃんの場合

まずはリードを短く持って噛まれないように注意をするべきです。

それでも噛んでくる場合は絶対に引っ張り返してはいけません。ラブラドールやゴールデンなどの大きなわんちゃんもこうしてリードを噛む子が多いですが、飼い主さんは「ダメでしょ」と言いながら、リードを引っ張り返していることが多いです。

噛まれてしまったら、足を止めて、手の動きも止めて、少し威圧するような態度で結構です。愛犬がリードを離すまで「黙って」止まってください。そして、離したら軽くほめながらまたお散歩するといった具合にしてください。

直るまで、なんどでも繰り返す必要があります。ただ、何度も何度も繰り返すよりは、噛まれない対策をとる方が早いです。

☆☆☆

いかにも、こんなもんでつなぐな!という態度でリードを噛んでくるわんちゃんの場合

すこし気持ちを強く持ってリーダーウォークの練習をとにかくしっかりとやってみてください。

リーダーウォーク以外の基本トレーニングもしっかりとおこなってください。偉そうな態度をとるなら、散歩になんて行ってやらないぞ!くらいのエネルギーで犬と向き合うことをお勧めします。

・・・・・・・・

簡単ですが、リードを噛む癖についてお話しさせていただきました。

お店に来てくれるわんちゃんの中でも、リードがボロボロになっている子がたくさんいます。

練習には時間がかかるかもしれないので、多少傷んでしまうのは仕方がないかもしれませんが、傷んだリードっていうのはすぐに切れてしまうことも多いです。

リードが切れて、交通事故にでもあってしまったらどうしようもありませんのでリードはきれいなものをいつも用意してあげてください。

リードを噛む癖はちょっと可愛いし、コミュニケーションの一つだと思っている方もたくさんいるように思います。

「こら~。噛まないの。」と、楽しそうにしている飼い主さんも多いです。

ただ、ぼくは、できればこれはすっきり直した方が良いと思います。

他にも、可愛くて楽しくコミュニケーションが取れる遊びはたくさんありますので、命がけの変な癖は直す方向で検討してみてください☆

YouTubeでは、直し方について実戦形式で動画を配信していますので是非ご覧ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想