タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【失敗しないパートナー犬選び】子犬はどこから迎えるのがいいですか?

ドッグトレーナー/金倉高志

犬のしつけ教室【ドッグキャッチ】

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。ドッグキャッチしつけ教室 トレーナーの金倉です。

ドッグトレーナーの仕事をしていてよく聞かれる「子犬はどこで買うのが良いですか?」というご相談について、回答していきます。

これが正解だよ。という答えのないご相談ではありますが、長く犬の仕事をしている人間のひとつの考え方として参考にして頂けたら嬉しいです。

ぜひ最後までご覧ください。

・・・・・・・・・

犬を手に入れるいくつかの方法について、メリットとデメリットをお話しします。

ブリーダーからの直接購入について

まず、飼いたい犬種が決まっている場合は、ブリーダーさんを探されるのが良いかと思います。今は、インターネットが当たり前の時代になっているので、ほとんどの方はネットで検索をして探されるのではないでしょうか?

犬を迎えるにあたっては、ペットショップで衝動買いではなくて飼いたい犬種を決めてその犬種についてをよく調べてから検討を進めるのが良いかと思います

ブリーダー紹介サイトについて

例えば、アメリカンコッカースパニエル・ブリーダー と、検索してみましょう。

おそらく検索上位のほとんどは、ブリーダー紹介サイトだと思います。

ブリーダーの紹介サイトというのは、サイトの運営者さんが独自の規定を作ってその規定に準じたブリーダーさんが登録をして、子犬の情報を掲載していく。という仕組みになっています。サイトの運営者さんは、ほとんどの場合ブリーダーさんではありません。

ひとつの犬種について、複数のブリーダーさんの情報が掲載されているため、比較しやすいメリットがあります。

過去の取引記録などから、レビューや口コミなどが見られるサイトもありますね。その辺りは十分参考に出来ると思います

しっかり調べることが大切です
しっかり調べることが大切です

ブリーダー紹介サイトから直接子犬を飼う場合は、ブリーダーさん自身の情報について十分に吟味する必要があります。紹介サイトで公開されているプロフィールのみを参考にするのではなくて、ブリーダーさん自身が公開しているホームページやSNSなどをしっかり探してから申し込みをするようにしてください。

今は、必ず1度は対面しないと子犬を売買できないようになっていますので、問い合わせをして「来なくても大丈夫ですよ。とか送りますよ。」と、上手い話をしてくるような場合は要注意。ですのでお気を付けください。

ブリーダー紹介サイトを利用する場合は、そのサイトだけで購入の判断をしないように気を付けることが大切になると思います。

ブリーダーさんを選ぶとき

ブリーダー紹介サイトからブリーダーさんの情報を得たり、ネット検索で直接ブリーダーさんのサイトやSNSなどにたどり着き、そこから子犬を購入しようかな。と思った時にも気を付けることがあります。

ブリーダーさんを選ぶときに大切なことというのも、結構たくさんあります。生き物の一生がかかっているので当たり前ですね。

ただ、この辺りは主観も入ってしまうので、代表的なポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まず、出来れば、ひとつの犬種に絞って繁殖をしていること。ですね。

これは、かなり数が限られてしまうと思いますが、大切なポイントになります。

自分が飼いたいと思っている犬種を飼育して繁殖しているというブリーダーさんでしたら、当然犬種の特徴や注意点、遺伝性の疾患などについて知識が豊富ですし、何より、その犬種を好きで繁殖している。という事につながります。1犬種に絞って繁殖しているブリーダーさんは、信頼性が高い可能性がありますね。

ただ、そこを一番の見極めポイントにするとブリーダー探しはかなり難航してしまうと思うので、とにかくあまりたくさんの犬種を扱っていないという事を確認してもらうと良いかと思います。

次に、見学に行ってからの話になります

とにかく、衛生面で不安があるようであれば、慎重になるべきかと思います。

ブリーディングの現場というのは、やはり多少強めの臭いがしたり犬の鳴き声がしたりしているものですが、それがあまりに酷いようであれば、購入は控えるほうが良いかもしれません。

最終的に、購入を決める時にはブリーダーさんの人となりを確認できるのが一番だと思います。問い合わせの時や見学の時に色々と感じる部分があるかと思いますので、その辺りも大切にしてください。

逆に言うと、良心的なブリーダーさんであるならば、大切な子犬を託す相手を選ぶことになるわけです。

見学に行くときは、ご自身もブリーダーさんからチェックされているかも。という気持ちを持っておくと良いかな。と思います。

ブリーダーさんから子犬を譲ってもらった場合、一生のお付き合いになることがあるかと思いますのでお互いの印象はとても大切だと思います

SNSのチェックができれば一番いいですね
SNSのチェックができれば一番いいですね

個人的には、いまでしたらインスタやfacebook・ツイッターなどで子犬の出産情報や成長の様子、家の様子などまですべて公開されている方もたくさんいらっしゃるので、そういった場所でご縁があれば一番良いのかな。と思います。

ペットショップは本当にダメ?

先日、ペットショップで犬を買ってはいけない理由。という動画を配信しました。その中でもお話ししましたが、ペットショップが絶対にいけないとはぼくは思っていません。

犬をペットショップで買ってはいけないといわれる理由

信頼できるペットショップがあるんだよ!という方は、ショップで直接買ったり、ショップさんに相談して犬を選んで取り寄せしてもらったりする方法もあります。そこは、ご自身で判断してうまく活用されると良いかと思います。

その場合は、以前の動画の内容を少し参考にしていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

そのほかの選択

また、買うのではなく、譲り受けるという選択肢もあります。

いまは、保護犬との縁をつないでくれるボランティア団体さんや、施設もたくさんあります。

ぼくも、不幸な犬を減らしたい。殺処分はゼロにしたい。という気持ちは大きいです。

ですので、犬を飼う予定の方に、そういった選択肢があることも思い出してもらいたいな。とは思っています。

子犬の譲渡会もありますし、人に慣れた成犬を迎えることで子犬のうちにしておきたいしつけが済んでいてすぐに穏やかに暮らせることもあります。

ただし、保護犬を迎える場合にもたくさんの心構えが必要になります。

今回は、子犬をどこから迎えるのが良いか?をテーマにお話しさせていただきましたので、

その辺りの注意点については、また機会があればお話ししたいと思います。

ぼくはドッグトレーナーですので、ペットショップやブリーダーの話はあまり望まれていないかもしれませんが、すべてのわんちゃんが健康で楽しい生活を送れるようになるためには、犬の飼い主さんがどんどん色々な知識を身に付けていくことはすごく大切なことだと思っています。

ですので、これからも犬を取り巻く社会的な問題点についてもたまに解説していきたいと思いますので、お付き合いいただければ嬉しいです。

【YouTubeしつけチャンネル】では、愛犬のミニチュアプードル、獅子もと一緒に動画でお話ししていますので是非ご覧ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。