タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【ミニJCW 2021年モデル】使いやすさも向上した最新世代のMINIを速攻リポート!!

E-CarLife with五味やすたか

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 2021年5月にデザイン変更を行なったミニですが、デビュー当初は(個人的に)“泥棒おじさん”と揶揄したくなるフロントフェイスに少々の違和感を覚えたものですが、写真で見るよりも立体的で独特の個性を主張するのにひと役買っています。顔は大胆に変貌しましたが、愛らしい雰囲気、取りまわしのいいサイズなど、ミニらしさは健在です。

 車内は従来のデザインを踏襲しつつ、細部に変更が加えられていいます。運転席まわりではメーターがデジタル化され、ステアリングのグリップ形状やスイッチのデザインが変わっています。また、ナビがタッチ式になり、インフォテイメント機能も充実して、これまで以上に機能的になっています。オーナー的には、見た目以上に有益な進化と言えるのではないでしょうか。

 今回クローズアップしているのはジョンクーパーワークスですが、標準車やコンバーチブルも細部のデザインこそ違いますが、基本的な変更点は同様となっています。ミニのアイデンティティやブランドイメージを守りながら、新しさや変わった感を強調するのは難しい仕事だと思いますが、それをこともなげにやってのけているところに感心させられました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想