タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【ポルシェ911 ターボS カブリオレ】速く走るために裏付けされた作りを徹底解説!!

E-CarLife with五味やすたか

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 ポルシェ、というだけでテンションが上がりますが、最新の“992型”「ポルシェ911ターボS」となれば、昂りは止められません! グラマラスなフォルムはもちろん、最高出力650ps、最大トルク800Nmを発揮するパワーユニットなどなど、ポルシェの気合いを感じさせる“マシン”と言っていいでしょう。

 ハイレベルなパフォーマンスをいかんなく発揮するため、とくに冷却系には注力されています。空気をしっかりと取り込み、巧みに排出させることで大幅な効率アップが図られているのです。

 3.8L水平対向6気筒ツインターボの能力は、先述した通り。駆動方式はフルタイム4WDシステムのPTM(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)で、こちらも強化されフロントに最大で500Nmものトルクが伝達できるのです。ちなみに0-100km/h加速は、なんと2.7秒という俊足ぶりです。

“超”がつくハイパフォーマンスモデルですから、とにかく速く走るための機能や制御がものすごい! そうした特性をそこかしこに主張しているのも、ポルシェだから許されるポイントと言えるでしょう。3000万円オーバーのプライスも納得せざるを得ない、まさにクルマ好きにとって憧れの1台です。

シェア

いいね

コンテンツへの感想