タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【新型アクア】新発想のバッテリーに大注目!! 災害対策にもなる電源機能もあり!!

E-CarLife with五味やすたか

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 プリウスがハイブリッドカーの存在を世に知らしめましたが、それをさらに身近なものとしたのがアクアです。ハイブリッド専用コンパクトカーとして登場したアクアは、日本をはじめ、世界で販売された台数はなんと約187万台! 優れた環境性能によって削減されたCO2排出量は累計約1240万トンに及ぶそうです。

 新型アクアのパワートレインは、1.5リッター直3+モーターとなりますが、バイポーラ型ニッケル水素電池を駆動用車載電池として世界初採用されました。従来型のニッケル水素電池に比べ、バッテリー出力が約2倍となり、アクセル操作への応答性が高められたことで、街なかで多用する低速領域からリニアでスムースな加速が可能になりました。

 全幅は5ナンバーサイズを踏襲していますが、ホイールベースが従来型に対し50mm延長されたことで、後席の居住空間や荷室容量が拡大されました。ヤリスの登場によってやや影が薄くなっていましたが、10年ぶりのフルモデルチェンジによって全方位で進化。“アクアここにあり!”をアピールしています。

シェア

いいね

コンテンツへの感想