おもしろ/ネタ

【就職活動】3分以内にざっくり分かる企業分析!【富士通】

エフ

キャリアコンサルタントYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

↓企業分析にご活用ください↓
Fの就職情報(動画制作者のサイト)https://f-syukatu.com/

【忙しい就活生向け】
富士通の有価証券報告書から、直近5年分のデータをグラフにしてまとめています。
電機・SI(システムインテグレーター)業界の企業分析などに活用してください。

↓動画の要旨↓

[従業員情報]
直近5年のデータ。

・平均給与
790~810万円。

・平均勤続年数
19.2~20.3年。

・平均年齢
43.1~43.3歳。

[事業内容]
富士通の事業内容は大きく4つ。(2019年3月期時点)

①テクノロジーソリューション
主として法人顧客向けに、システムプラットフォームおよびサービスを機軸として、ITを活用したビジネスソリューションを提供。

②ユビキタスソリューション
パソコン、携帯電話、モバイルウェア製品の提供。

③デバイスソリューション
ファウンドリサービスやLSIの販売、FRAM・FCRAMなどのシステムメモリ事業、半導体パッケージをはじめとする電子部品のほか、電池、リレー、コネクタなどの機構部品を提供。

④その他
次世代スーパーコンピュータ事業、次世代クラウド事業、自社グループ会社向け情報システム開発・ファシリティサービス事業、自社グループ従業員向け福利厚生事業など。

[財務情報]
・業界順位
電機業界大手8社(日立製作所、ソニー、パナソニック、三菱電機、富士通、東芝、NEC、シャープ)を売上高で比較すると、富士通の業界順位は4~5位。
ただし、電機業界大手各社は事業を多角化しているため、単純に売上高で比較、順位付けすることは出来ない。
各事業セグメント別に分析するべき。

・事業別売上高
直近5年間で、パソコン、携帯電話、モバイルウェア製品を含む「ユビキタスソリューション」の売上収益が減少している。
これは、ユビキタスソリューションに属していた子会社の株式を他社に譲渡したことが一因と思われる。
富士通の売上収益の7割強を占めるのは「テクノロジーソリューション」事業。(SI事業)
パソコンや携帯電話などを含む「ユビキタスソリューション」事業の売上は全体の10%未満で、既に富士通の主力事業ではなくなっている。

・地域別売上高
2019年3月期時点だと、日本における売上比率が63.7%。
海外だと、特にEMEIA市場における売上比率が高い。

動画制作者:エフ(Fラン大学就職チャンネル)

…続きを読む