おもしろ/ネタ

【就職活動】3分以内にざっくり分かる企業分析!【三菱UFJ銀行】

エフ

キャリアコンサルタントYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

↓企業分析にご活用ください↓
Fの就職情報(動画制作者のサイト)https://f-syukatu.com/

【忙しい就活生向け】
三菱UFJ銀行の有価証券報告書から、直近5年分のデータをグラフにしてまとめています。
銀行業界(メガバンク)の企業分析などに活用してください。

↓動画の要旨↓

[従業員情報]
直近5年のデータ。

・平均給与
771~791万円。

・平均勤続年数
14.1~14.7年。

・平均年齢
37.5~38.1歳。

[事業内容]
三菱UFJ銀行の事業部門は大きく6つ。(2019年3月期時点)

①法人・リテール部門
国内の個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供。

②コーポレートバンキング部門
国内外の日系大企業に対する金融サービスの提供。

③グローバルCIB部門
非日系大企業に対する金融サービスの提供。

④グローバルコマーシャルバンキング部門
海外の出資先商業銀行における個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供。

⑤市場部門
顧客に対する為替・資金・証券サービスの提供、市場取引及び流動性・資金繰り管理業務。

⑥その他部門
上記部門に属さない管理業務等。

[財務情報]
・業界順位
銀行業界大手3行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)を経常収益で比較すると、三菱UFJ銀行の業界順位は1位。

・部門別業務粗利益
業務粗利益に占める比率が最も高いのは、国内の個人、中堅・中小法人向け金融サービスの「法人・リテール部門」、全体の29.0%を占める。
次いで、海外の個人、中堅・中小法人向け金融サービスの「グローバルコマーシャルバンキング部門」が全体の28.2%を占める。
つまり、三菱UFJ銀行の業務粗利益の6割弱は、国内外の個人・中小法人向け金融サービスが占めている。

・地域別経常収益
日本市場における経常収益は近年の低金利と貸出先不足で低調。
一方で、米国市場、アジア・オセアニア市場の経常収益は直近5年で伸びている。
2019年3月期時点で三菱UFJ銀行の経常収益の6割弱を海外市場が占めており、融資環境の厳しい日本国内から海外市場に移っていることが分かる。
この特徴は、三井住友銀行と似ている。

動画制作者:エフ(Fラン大学就職チャンネル)
BGM:「スピードレース」(DOVA-SYNDROME)

…続きを読む