トレンド/カルチャー

東京でリアルな下町を感じるならオススメ、上野のアメ横へ

EIKI

映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

アメヤ横丁は、日本の東京都台東区にあるJR東日本・御徒町駅 - 上野駅間の山手線の高架橋西側と高架下の約500~600メートルを中心に約400店を有する商店街です。

そんなアメ横に行ったのは僕も初めてのことで、想像とはかなり違う場所でした。
第一印象は、「異国感」です。
日本にはまだ数々の商店街が残っていて、どれも雰囲気は似ているのですが、アメ横だけはかなりアジアの空気が強い印象を受けました。
並んでいるお店は八百屋さんや魚屋さんから、ケバブ屋さんや中華など、かなりインターナショナルな空間でした。
道の雰囲気は下町感よりも東南アジアのイメージと表現した方が正しいかもしれませんね。
アメ横で買い物をしている人たちをみていると、日本で暮らすアジアの人々も多く、現地の味を求めてお買い物に来ることも多いような印象を受けました。

実際に行ってみて、改めてまだまだ知らない東京もあるんだなと痛感させられました。
人口もかなり多くて多様な場所だからこそ、こう言った商店街もコミュニティーと共に変化していくことを感じられたような気がします。

他にも食べ歩きで有名な場所なので、若い人たちでも楽しめるような場所になっているかと思います。

レトロな雰囲気を感じたい方には是非オススメの場所です。

【アクセス】
〒110-0005 東京都台東区上野4丁目9−14

BGM
Clarity
Ian Post

…続きを読む