近未来の建物から落ち着いた雰囲気まで、港区の魅力に迫る。

EIKI

映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※現在、東京都では新型コロナによる外出自粛要請が出ておりますので、不要不急のお出かけはお控えください。

今回の撮影スポットは三つです。ゆりかもめ線の中、お台場海浜公園、虎ノ門ヒルズです。
一つ目、ゆりかもめ線のタイムラプスはまるでサイファイ映画のワンシーンになりそうなショットです。
夜のネオン光と、電車の臨場感あるスピードのコンビネーションはかなり見応えあります。

二つ目、お台場海浜公園はゆりかもめの「近未来感」とは全く別な雰囲気を堪能できます。
今はかなり多くの公園が閉まっている状況ですが、ここは一箇所のみ、開いています。
夕暮れの時間帯だと、優しい光に包まれたレインボーブリッジと自由に飛ぶカモメのシルエットが、中々撮りがいあります。

三つ目、この日のハイライトとも言える虎ノ門ヒルズにあるアートです。
こちらの巨大なアートは「ルーツ」といい、多様な文化を越えた人間の平和的な共存を象徴しているそうです。座る人間の姿は、8つの言語の文字からできており、多様性を表現しています。
僕もここは前からいきたかった場所なので、そのメッセージ性にかなり感化されました。
こんな感じで、今回は港区の色んな一面を撮ることができ、他の区にない魅了を堪能できたと実感しております。

特に、近未来感を象徴するにはぴったりの場所だと強く思います。
ものすごく発達しているお台場周辺だからこそ、そういった要素が詰まっているのかなと思います。

BGM
passion
nolai

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る