【自然栽培と触れる、熊本旅行記】

EIKI

映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は熊本県熊本市のみかん畑にお邪魔させていただきました。
そこは何年も前から自然栽培を取り入れており、高品質なみかんを毎年作っています。
せっかくの機会だったので、今回は特別に農家の方々と3日間過ごしてきました。

まず初めに、自然栽培とオーガニックの違いをご存知でしょうか?
オーガニックとは、国が定めている体への害がかなり少ない農薬や肥料を使った農業作法のことです。
その反面、自然栽培とはそういうった農薬を一切使わず、自然に存在するもののみで食物を育てる手法です。
両方ともよく聞く言葉ですが、この違いを知っている方は少ないのではないでしょうか?

そんな自然栽培をやられている農家さん達と過ごしてきましたが、彼らの考え方にはとても共感する部分が多かったです。
彼らの一番の考えは、「自然に生かされていること」です。
今は技術が発展して自然と全く触れない生活をしている人も多いと思いますが、そういった方々も自然に生かされています。
雨が降らないと気温も下がりませんし、風がふかないと街全体も涼しくなりません。
見えないところで自然は重要な役割を果たしており、僕らはその中で生かされています。
そういった価値観をとても大切にしている方々で、本当に感銘を受けました。
特に、話している途中「我々の自然栽培はあくまで自然に対してお手伝いをしているだけ」とおっしゃていて、感動しました。

今現在、世界各国で自然災害が起きています。
地球全体がそういった危機に陥らないように、私たちもこの方々のような価値観を大切にしていきたいですね。

wheres-my-keys-mutonal

シェア

いいね

コンテンツへの感想