タイトル画像

【横浜市港北区】「このパン、出てます!」テレビ、雑誌への掲載多! 妙蓮寺の「ブーランジェリー14区」

エリザベスたまこ

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東急東横線妙蓮寺駅は、今まであまり降り立ったことがない駅でしたが、最近私の中で急上昇! 足繁く通う場所になっています。なぜなら、、美味しくておしゃれな店が多いからです。先日、記事にしたこちら

生の桃ものっている「生ももももみるく(1,520円)」かき氷が食べられる、開店前に行列が出来る人気店

「茶寿(さじゅ)」の目の前には、妙蓮寺でとても人気のパン屋さん

「Boulangerie(ブーランジェリー)14区」があります。こちらは、テレビや雑誌でも度々取り上げられている有名店で、シェフはフランスパン業界の巨匠「ドミニク・サブロン氏」に2年間師事し、パリでは3店舗のシェフを務めたというすごい経歴の持ち主で、腕前もお墨付きです!

定番商品の食パンの他に、ハード系のパン「カンパーニュ」もお店の人気商品で、様々な種類のカンパーニュが並んでいます。「クランベリーとクルミのカンパーニュ(1本/800円)」は、横浜ウォーカーにも掲載された話題の一品です。

雑誌で紹介されたパンは外せない! ということで私も食べてみました。ハード系ならではの「噛めば噛むほど出てくる美味しさ」に加えて、クランベリーの甘酸っぱさとクルミのゴロッとした食感が口の中で融合してたまらない美味しさです! 自家製天然酵母や、フランス産の塩など使う素材の細部にまでこだわるからこそ生まれる絶妙な味や食感の虜になり、週に何度も足を運ぶお客さんも多いというのは納得です!

その他にも惣菜パンや、甘いパンなどたくさんの種類のパンが並んでいます。

デニッシュだけでもこんなに種類がありましたよ!

「地名が付いていると何となく食べたくなってしまう」という理由で買ったこちらの「妙蓮寺白パン(80円)」は、一口食べると驚きのフワフワ、もちもち食感でした! 生地もほんのり甘くて想像以上の美味しさ! それもそのはず、この「妙蓮寺白パン」には世界最高級と謳われる粉を独自でブレンドし、ポーリッシュ、湯種の技法を使うことで実現したしっとりむっちり食感が自慢のこだわりの詰まったパンだったようです。シンプルなパンでもこんなに美味しいのは、さすがフランス仕込みの腕前ですよね!

冷蔵ケースに入ったサンドイッチも具材の種類が豊富で、新商品も頻繁に出るのでランチ代わりに買っていくお客さんが多いそうです。お店のInstagramでは、新商品や季節商品が頻繁に紹介されているのでそちらをチェックしてお店に行くのも良さそうですね! 今の季節商品はシャインマスカットや巨峰を使ったフルーツサンドで、旬のぶどうが生クリームと濃厚カスタードと共に「ホテルブレッド(※ブーランジェリー14区ではレア商品だそうです)」にサンドされているそうですよ! 「ブーランジェリー14区」は妙蓮寺駅から徒歩1分というアクセスの良さなので、降り立った際はぜひ覗いてみてくださいね!

「Boulangerie(ブーランジェリー)14区」

住所:横浜市港北区菊名1-4-2

電話:045-642-6858

営業時間:10時~20時

定休日:毎週木曜日、隔週水曜日

シェア

いいね

コンテンツへの感想