タイトル画像

【横浜市港北区】高級魚の金目鯛ラーメンは旨み爆発! ダイエット中でもがっつり食べてOKなのは何故?

エリザベスたまこ

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

新宿にある名店「らぁ麺 はやし田」のセカンドブランドで、同じく新宿に2018年にオープンした「金目鯛らぁ麺 鳳仙花」が2020年11月に綱島に上陸したという噂を聞いて、ずっと気になっていた綱島店に、先日やっと食べに行くことが出来ました。

こちらが「金目鯛らぁ麺 鳳仙花 綱島店」です。東急東横線綱島駅からすぐの好立地な場所にあります。佇まいは、和のテイストも感じる上品な雰囲気で、看板を見なければ和食屋さん? と思ってしまいそうですね!

今回私が頼んだのは「特製金目鯛らぁ麺(1,000円)」です。チャーシューの見た目にインパクトがありますね! 友人から「ノーマルも美味しいけれど、醤油味に変更してみたら、これがまた美味しかった!!」と聞いていたので「醤油味に変更」を選んでみました。(食券を買う際に「醤油変更券」を発券して、らぁ麺の食券と一緒にスタッフの方に渡せます)運ばれてきたそばから良い匂いが漂っていて、食欲をそそられます。

ひと口、口に入れた瞬間に「うまい!!」と大きな声で言いたくなるほど、旨みが爆発していました! 金目鯛の出汁の旨みがとにかくスゴイ! 香り高く、上品な味で魚の臭みは一切感じません。あっさりしている中にもあとを引く美味しさで、箸が止まりません! 

さらにチャーシューが薄切りなので、スープとよく絡んでこれがまた、たまらぬ美味しさでした。チャーシューの薄さも計算ずくなんでしょうね。さすがこだわりの多いプロの味です。

とろとろな味玉も「マキシマムこいたまご」というこだわりの卵を使っていて、黄身が濃くて絶品でした。「特製金目鯛らぁ麺」は、終始旨みと風味を感じる上品な味わいで、和食の要素も感じられるラーメンでした。

お店のらぁ麺へのこだわりがわかるポスターです。これを待っている間に読んでいたので、期待値も自ずと上がっていましたが、期待を裏切らない美味しさでしたよ!

新型コロナウイルス対策の仕切りパネルも設置されているので、安心して食べることが出来ました。また、このパネルのおかげで、一人でも気にせずに食べることが出来て、居心地も良かったです。

お店は、食券を買ってスタッフの方に渡すシステムになっています。お店の看板メニュー「特製金目鯛らぁ麺(1,000円)」、「特製金目鯛つけ麺(1,050円)」の他に、「濃厚白湯 特製金目鯛らぁ麺(1,050円)」も人気メニューなので、次回は食べてみようと思います! 

夏季限定の「浅蜊と蛤の冷やしサーモンミキュイのせ(900円)」は、浅蜊と蛤からじっくり出汁をとったスープに、柔らかいサーモンミキュイがのっています。ソースには大葉と梅を使ってさっぱりと仕上がっているので、食欲が無い日でもスルッと食べられる一杯になっているそうですよ! 冷やしラーメンは暑い日にはもってこいですね!

さらに、思わず二度見してしまったラーメン屋らしからぬメニュー「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が食券販売機に! この「究極のブロッコリーと鶏胸肉」はいつでもどこでも継続して食べられるようにと、日本全国の飲食店と提携して販売している商品で、こちらの「金目鯛らぁ麺 鳳仙花 綱島店」でも取り扱いをしています。

昼は「金目鯛らぁ麺」を美味しく食べて、テイクアウトした「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を夜ご飯として食べれば、ダイエット中でもカロリーが調整できて、罪悪感なくラーメンを楽しめますね! 

金目鯛らぁ麺 鳳仙花 綱島店

住所:横浜市港北区綱島西1-11-22 東急東横線綱島駅から徒歩1分

営業時間:11時オープン

シェア

いいね

コンテンツへの感想