タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【横浜市港北区】綱島に駄菓子屋オープン!  お金じゃないもので購入する?! アピタテラスのすぐそば!

エリザベスたまこ

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは! 子供のころ、駄菓子屋で好きだったのは指輪になっている飴と、ハンコ型のチョコレートの三児の母、エリザベスたまこです。駄菓子屋は、大人も子供もお財布を気にせず楽しめる素敵な場所ですよね! そんな駄菓子屋が、2022年3月1日、綱島に新たにオープンしました!

「駄菓子屋 プリッチェ」です。「駄菓子屋 プリッチェ」がある場所は、大型商業施設「アピタテラス横浜綱島」のすぐそばです。店構えには、「駄菓子屋プリッチェ」の、のれんの他に「おそうじ屋 プリッチェ」、「リフォーム屋 プリッチェ」の文字が並んでいます。むしろ、、おそうじ屋さんと、リフォーム屋さんの看板がメインですね、、、

そうなんです! 「駄菓子屋 プリッチェ」は、「おそうじ屋 プリッチェ」と「リフォーム屋 プリッチェ」のある店舗内にオープンしていました! おそうじ屋、リフォーム屋、駄菓子屋の3つ全てを運営しているのは、「株式会社 プリーズコミュニティ」です。「地域に根付いて皆さんの根っこに」というコンセプトのもと、綱島の方達とそうじや、リフォームを通して「ありがとう」と言い合える関係性を築くことを目標に、活動をしています。「駄菓子屋 プリッチェ」は、地元の人たちを笑顔にしたり、気軽に立ち寄れる場所を作りたいという想いから出来たお店だそうですよ! 確かに、駄菓子屋の看板が出ていると、扉を開けたくなりますよね。

「駄菓子屋 プリッチェ」は、一般的な駄菓子屋さんと大きく違う点があります。それは、会計システムです!

そのシステムとは、現金で駄菓子を購入するのではなく、「駄菓子屋 プリッチェ」の専用通貨で買い物するものです。店内のガチャガチャに100円を入れると、出てくるのは、「100プリッチェ」「200プリッチェ」「300プリッチェ」のどれかが入ったカプセルです。出てきたプリッチェの分だけ、駄菓子を選ぶことが出来るんですよ! 100プリッチェは100円相当分なので、損することはないですよ! 200プリッチェや300プリッチェが出たらお得になるという事ですね! 通常のお金での買い物よりワクワク感があるので、このシステムはお客さんに好評だそうですよ。とってもユニークなシステムですよね!

そんな専用通貨「プリッチェ」と交換できる駄菓子は、棚に綺麗に陳列されており、値札の代わりに「70プリッチェ」などと書かれたシールが貼られています。

昔懐かしの駄菓子から、お馴染みのお菓子までその数、なんと70種類以上あるとの事でしたよ!

リヤカーにもオシャレに駄菓子が陳列されています。

「駄菓子屋 プリッチェ」は平日14時~17時の間のみ営業なので、お気をつけくださいね。駄菓子屋は我が家でもよく行くスポットですが、お金の使い方を教えるにはもってこいの場所ですよ! 大人も懐かしい駄菓子との再会を楽しめますし、親子ともに楽しめるおススメの場所です。ぜひ、新しくオープンした「駄菓子屋 プリッチェ」に行ってみてくださいね!

「駄菓子屋 プリッチェ」

住所:横浜市港北区箕輪町2丁目5−3

営業時間:平日14時~17時

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想