タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【横浜市港北区】「あんず餡の鯛焼き」もう食べた?! 甘酸っぱさがちょうどイイ! 販売期間終了間近!

エリザベスたまこ

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは! 一度寝ると朝まで起きない長女(小4)の部屋から、夜中に明かりが漏れていたので、驚いて覗いたところ、頭で照明のリモコンを押し、点けていたことが判明。明るい光の真下でも爆睡の長女の図太さも好きな三児の母、エリザベスたまこです。さて、そんな長女も大好きな鯛焼き屋さんが、大倉山にあります。

東急東横線「大倉山駅」からほど近い場所にある「鯛焼 新世界」です。こちらの鯛焼きは、中のあんやクリームはもちろん、外側の皮もとても美味しくて、定期的に食べたくなる味なんですよ! そんな「鯛焼 新世界」に、季節を感じられる美味しい鯛焼きが登場しています!

「季節の鯛焼 あんず餡(税込183円)」です。あんず餡の鯛焼きは、珍しいですよね! 早速購入してみました。

「あんず餡」は初めて食べるのでドキドキ…!

割ってみると、あんずの良い香りがふわっと漂います。そして、中にはあんずの果肉が入ったあんず餡がぎっしり詰まっています。食べると、甘酸っぱいあんず餡が口中に広がり、とても爽やか! 甘みもほどよく、あっという間にペロリと食べてしまう美味しさでした。長女も一緒に食べましたが、「良い匂いがするし、美味しい!」と言っていました。

「季節の鯛焼 とちおとめ苺ミルククリーム(税込183円)」も期間限定商品として出ていますよ! こちらもまた、気になりますね。お店の方に聞いたところ、「季節の鯛焼 あんず餡(税込183円)」と「季節の鯛焼 とちおとめ苺ミルククリーム(税込183円)」は、5月いっぱいで販売を終了してしまうそうです(販売期間は変更になることがあります)。季節の鯛焼を食べてみたい方は、ぜひお早めに味わいに行ってみてくださいね!

「鯛焼 新世界」では、鯛焼き以外にも「ガパオライス(税込648円)」や「魯肉飯(ルーローハン)(税込648円)」などの「アジアのお弁当」も販売しています。ちなみに夫はタイ料理好きなので、家族で「鯛焼 新世界」に行くと、こどもと私は鯛焼きを、夫は「アジアのお弁当」を頼みます。なかでもお気に入りは「ガパオライス」だそうです!

お酒のおつまみにもなりそうな「ウインナー判(税込237円)」、「牛すじ判(税込237円)」、「たこ判(税込237円)」もありましたよ!

毎年夏が近付くと登場する「削いちご(税込432円)」も、「鯛焼 新世界」の人気商品です。「削いちご」は凍ったいちごを削って練乳をかけたもので、いちご好きにはたまらないひんやりスイーツです。暑い日にも、もってこいですよ!

焼き立てを食べられない時も、この紙に書かれているとおりに温めなおすと皮がパリッとしてとても美味しく食べることが出来ました! 定番の鯛焼きは、「鯛焼(つぶあん)(税込172円)」と、「クリーム鯛焼(税込183円)」で、ぜひ食べてもらいたい鯛焼きです。「季節の鯛焼」と合わせてゲットして、食べ比べをするのもおすすめですよ! 大倉山にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね!

「鯛焼 新世界」

住所:横浜市港北区大倉山3-2-23

電話:045-542-5539(電話予約可能)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想