How to

【話題のエコグッズ】何度でも使える!?布を使った「みつろうラップ」の作り方

fantasia/みらん

ハンドメイド作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今話題の「みつろうラップ」をご存知でしょうか!

みつろうラップとは?

プラスチックの代わりとして使用できる、布で作ったラップを「蜜蝋(みつろう)ラップ」と言います。手の温かさで柔らかくなるのでどんな形でもフィットして使用できます。プラスチック削減としても活躍するエコグッズでもあり、SNSやテレビなど今注目されているようです。

メリット

・水で洗って何度でも使用可能。

・抗菌・保湿効果がある。(食品の鮮度が保てる。)

・どんな形にもフィットしやすい。

・自分の好きな柄の布を使って簡単に作ることができる。

地球に優しいだけではなく、節約にもつながる優秀アイテムでした!

蜜蝋ラップは市販でも購入することができます。調べてみると少し高めに値段設定されているように感じました。材料を用意したら作り方はとても簡単なので自分で手作りしてみようと思います!

材料

・蜜蝋
・布(綿100%の布)
・クッキングシート
・アイロン
・アイロン台

・新聞紙

作り方

1.アイロン台、新聞紙、クッキングシート、布の順に重ねる。

2.布の上に蜜蝋を広げる。

3.クッキングシートを重ねてアイロン(低温)で溶かす。

足りない場合は蜜蝋を少し足す。

4.全体に浸透させたらクッキングシートを剥がす。

5.しっかりと乾燥させて完成!

使い方

手の熱で温めて形を作る!

とっても簡単なのでサイズ違いでいくつか作るといいですね!!

豊富な用途

お皿に被せるのはもちろん、お菓子や野菜を包んだり、サンドイッチを包んだり、アウトドアでも大活躍してくれそうですね!

ぜひお試しください!