タイトル画像

【たまプラーザ】キッチンカーでも、お店でも!48年愛され続ける中国料理・黒龍〈横浜市青葉区〉

藤ノ香

ストーリーライター/ロコっちたまプラーザ副編集長(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

たまプラザ中央商店街のまさに中央にある、まもなく創業48年を迎える「中国料理・黒龍」。

広々とした店内で、美味しくて身体に優しい中国料理を、心ゆくまで堪能できます。

感染対策もしっかり!
感染対策もしっかり!

裏手の駐車場には、大きなキッチンカー「風のレストラン号」が停まっていて、その場で注文を受けるだけでなく、事前にテイクアウト注文をしておいたお料理を、ドライブスルー方式で受け取ることもできます。

キッチンカー 風のレストラン
キッチンカー 風のレストラン

歴史と伝統のあるお店ながら、常にお客様のことを考えて変わり続ける新しい黒龍さんを取材させていただきました。

デリバリーやテイクアウトのご要望にこたえるために

今回、リニューアルしたばかりのテイクアウト&デリバリーのパンフレットを見せていただきました。お店で食べられるほとんどのお料理を、お家で楽しむことができるようになっています。

リニューアルしたばかりのテイクアウト&デリバリーちらし
リニューアルしたばかりのテイクアウト&デリバリーちらし

店内とほとんど変わらないラインナップです!
店内とほとんど変わらないラインナップです!

以前から、店舗の車やバイクで店員さんが出前を行っていたのですが、このご時世でデリバリーの注文が劇的に増えたため、店員さんだけでは対応しきれなくなったそうです。

そこで、少しでも早くデリバリー注文に対応できるようにと、Uber Eatsと出前館に配達機能を移行。

一方で、以前から移動販売などで使っていたキッチンカーを駐車場でオープンし、ドライブスルー方式でテイクアウトメニューを受け取ったり、簡単なメニューを調理して提供できるようにしました。

テイクアウトの場合は、配達手数料がかからないため、デリバリーよりも27%もお得なんだそうです!

テイクアウトの際は、事前に店舗に電話(フリーダイヤル: 0120-0700-78)で注文し、受け取り予定時間も伝えてください。

現金、またはPayPayなら、キッチンカーで決済ができます。(それ以外の決済方法は、ご注文の際に店舗にご確認ください。)

いろいろテイクアウトしてみました!

私の娘の保育園から、家への帰り途中の道沿いにキッチンカーがあるため、何度かキッチンカーを利用させていただきました!

台湾屋台の揚げたて大鶏排(ダーチーパイ)

まずは、台湾屋台名物・大鶏排(ダーチーパイ)。国産鶏肉を使ったビッグサイズの鶏肉をその場で揚げてくれます。待ち時間は5分〜10分ほど。

こちらは、辛いパウダーがかかっていますので、お子さんや辛いものが苦手な方は、パウダーをかけないでもらってくださいね。我が家も子ども用には、パウダー無しでお願いしました。

右は普通のダーチーパイ。辛いパウダーがかかっています。左はパウダーなし。
右は普通のダーチーパイ。辛いパウダーがかかっています。左はパウダーなし。

このビッグサイズ!3歳娘の顔と同じくらいありました。

大人の両手で挟んで食べるビッグサイズです!
大人の両手で挟んで食べるビッグサイズです!

外はサクサク、中はふわっと柔らかく、大人は「ビール!!」と叫んでしまいそうな最高のおつまみでした♪
もちろん、子ども達も大喜びで頬張っていました。

さつまいもの甘味とモチモチ食感のQQボール

優しい甘さと、モチモチとした食感がたまらないQQボール!一口サイズなので、ちょっと小腹が空いた時のおやつにピッタリです。モチモチと言っても、お餅ではないので、小さいお子さんやお年寄りでも、ホクホクと安心して食べられると思います。

この時はコップで、パッと食べられるように出してくれました。
この時はコップで、パッと食べられるように出してくれました。

お兄ちゃんと帰って食べようね、と買ったのに、待ち切れずトラック前のベンチで食べ始める娘……。「美味しいねぇ」と言いながら、結局1つだけしか残してくれませんでした。

ラーメンのテイクアウト注文もできます!

黒龍さんのラーメンは本当に優しい味で、いつもスープを飲み干してしまうほどなのですが、なんとラーメンもテイクアウトできます!

麺・スープ・具材がきちんと別々にパックされていて、食べる時に麺にスープをかけて、電子レンジで500W5分加熱。最後に具材を乗せて出来上がりです。

愛され続ける秘訣

私は約8年前、たまプラーザに引っ越してきて黒龍さんに初めて行きました。小さい子を連れていましたが、嫌な顔一つせずに、終始笑顔で丁寧にもてなしてくださり、とても温かな気持ちになったのを今でも覚えています。

コロナ禍で、どの飲食業も厳しい思いをされている中、どうしたら黒龍の味を求めるお客さん達に、満足いく形でお料理を届けられるのか。ただそれだけを、必死に考えていらした姿勢が、オーナーさんのお話の隅々から伝わってきました。

足の不自由な方や、ベビーカーは、2階まで階段で上がるのは厳しいだろう。そうだ、キッチンカーで受け取れるようにしたらいい。

ずっと自分たちで担ってきた出前も、少しでもお客さんに早く届けたいと、配達サービスの利用を決定したそうです。大手サービスは手数料等もかかる中、なかなか舵を切れることではないだろう、と感じました。

店内には、「黒龍」が大好きな子どもたちからの、折り紙やお手紙がたくさん貼ってあります。お店に来たり、出前を届けたりした際に、子どもたちが「いつもありがとう、がんばってね!」と渡してくれるのだそう。

そして、入り口にはこんなメッセージが。

黒龍さんのメニュー表には、ロゴのところに「人間から人間へ」と小さく書かれていました。

開業当時から、ずっと提供し続けているのは、黒龍さんの「心」そのものなのでしょう。

愛され続けるお店は、誰よりも、どこよりも、地元の人々を大切にし、愛し続けるお店なのですね。

一緒にこの時期を乗り越え、50周年はお店で乾杯したいと思います!!

店舗情報
店名:中国料理 黒龍
住所:横浜市青葉区美しが丘2-16-1 グロープラザビル 2F(たまプラーザ中央商店街内)
電話:045-901-0078
テイクアウト注文電話:0120-0700-78(受付時間:10:00〜21:00)
営業時間:
ランチ 11:00〜14:30 (L.O.14:00)
ディナー17:00〜22:00(L.O.21:45)日曜のみ30分早まります。
店舗HP:https://kokuryu.owst.jp/

シェア

いいね

コンテンツへの感想