タイトル画像

専門マスター

  • いいね

あの面倒な洗濯物たたみから解放される!? 4人の子の母が愛用するニトリの最強アイテム

藤原友子

選ぶ暮らしラボ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は片づけを通じ、誰かのマネをするのではなく「自分らしい暮らしを選べる人」を増やす活動を始めて9年目。小中高の4人の子どもを育てる親です。

我が家は、4人の子どものうち3人が野球をしているので、洗濯を一日に3,4回のはするのは日常です。

そんな私が嫌いな家事は、洗濯物を畳むこと

そもそも洗濯物を畳むのが好きな人はいるのだろうか、と思うくらい、私にとっては面倒な家事の代表です。

そこで、今日は洗濯物畳みから私を解放してくれる救世主となった、ニトリの最強アイテムを紹介します。

私の救世主!ニトリの強力つっぱりポール

まず、洗濯物を畳まないということは、服をカゴに丸めて入れたり、ソファに置きっぱなしにすることではありません。

洗濯物を干したら、そのハンガーのままクローゼットなどにかけるということです。

厳密には、私の場合、畳むのがゼロになったわけではなく、タオル、ハンカチ、靴下、下着などは畳んでいます。

でも、以前とは比べようにならないほど楽ちんで、時間に余裕ができています。

我が家は、洗濯機が1階にあり、洗濯物を2階のベランダに持っていくのが面倒なので、1階に干す場所を作っています。

洗濯物を干し、乾いたら、そのハンガーのまま服はクローゼットへ、パジャマ、部屋着、野球の練習着やユニフォームなどは、洗面所へと、我が家の場合2カ所に分けて収納しています。

洋服を掛けるのに、大活躍するのがニトリの強力つっぱりポールです。

1Fの子どもの普段着置き場

1階には、子どものオンシーズンの服が収納されています。(2Fのウォークインクローゼットにオフシーズンの服は保管)

以前は、このようにチェストを置き、1枚ずつ畳んで収納していました。

子どもが4人になり、それぞれの服が増えてくると、本当に洗濯物を畳むことを考えると憂鬱です。

しかも、子どもたちが服を引っ張り出す時、子どもは、一方の手で他の服を押さえながら取り出したりはしないので、すぐにぐちゃぐちゃになり、畳み直してもすぐに元に戻ってしまいます。

そこで、子どもの背丈に合わせ、上に一本、そして、下にはチェストなどの引き出しではなく、もう一本の強力つっぱりポールを張ってみました。

そして、使用するハンガーは、洗濯物を干すにも、クローゼットにかけるのにも両方に適していて、かなりコスパの高い、同じニトリの洗濯用Yシャツハンガーがおススメ!

強力つっぱりポールと、洗濯用ハンガーで、このように小さなクローゼットに子どもの4人の洋服がかかっています。

上のポールには、当日中学生の長女と長男の服、下のポールには、小学生の次女と次男の服で、だいたい左右で分けています。

1F 洗面所のパジャマ・野球関係置き場

そして、洗面所兼脱衣所には、服を掛けることのできるできるスペースを探し、

同じくニトリの強力つっぱりポールを使用し、パジャマ、野球の練習着・ユニフォーム類がかかっています。

(ズボンは畳んで引き出しにしまっていますが、スペースに余裕があれば、掛けたいです)

難点は、かなり高い場所になるため、小さな子どもは手が届きません。踏み台を常に置き、引き出しも活用しています。

この方法だと、乾いた洗濯物をソファやたたみの上に置くことなく、洗濯物干し場から、クローゼットか洗面所へ直行することができます。

子どもの洋服ってどのくらい必要なのだろう

子どもの服は何枚がちょうどよいですか?とよく聞かれます。

各家庭で価値観も違うし、〇歳の子どもは、何枚がいい、という定義はありません。

ただ、めんどうくさい洗濯物畳みから解放されることを考えると、強力つっぱりポールを張ることが一番大事ではなく、ポールかかる量に服を厳選することが一番大事です。

あまりたくさんかけすぎると耐荷重を超え、つっぱりポールと大量の服が落ちて大変なことになることもあるからです。

ポールに掛けられないくらいの量があるのであれば、他にかける場所を探すか、服を畳み引き出しに入れるようにするしかありません。

量が増えると、結局畳まないといけないのです。

我が家では、私も子どももそれが一番嫌なので、増えすぎたなと思ったときや、季節の変わり目に、サイズアウトしていないか、汚れや傷みは目立たないか、まだ着たいか、などをチェックしてもらっています。

子どもが管理できる服をはじめ、モノの量は限られています。大人よりも少ないです。

服を畳み、引き出しに収納すると、すぐにぐちゃぐちゃになり、子どもが管理が難しいというのであれば、ニトリの強力つっぱりポールを張り、服を掛ける収納にすることをおススメします。

そして、子ども部屋にあるクローゼットに、はじめからつけられているポールが、今はまだ子どもの手が届かない高い場所にある家庭もあるのではないでしょうか。

そんな時、この強力つっぱりポールを子どもの手が届く高さに設置することで、子どもが小さいうちからクローゼットを活用することも可能になります。

家事を楽になる収納法は色々ありますが、やはり大切なのは、どう収納するかではなく、何を収納するか。

めんどうな洗濯物畳みから解放されるには、ニトリの強力つっぱりポールがおススメですが、それを可能にすることを目標に、服の厳選を子どもとしてみてはいかがでしょうか。

コチラの動画でも、めんどうくさい洗濯を楽にする方法を紹介しています。

シェア

いいね

コンテンツへの感想