タイトル画像

専門マスター

  • いいね

4人の子の母が実践する、やっててよかった夏グッズ収納

藤原友子

選ぶ暮らしラボ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は小中高の4人の子どもと夫と、いつもキレイじゃないけど、何かあればすぐ片づく家に生息し、だれかのマネではなく、自分で暮らしの正解を選べる人を増やす活動をしています。

9月も後半。カラッと気持ちよく晴れることも多くなり、衣替えや秋冬への準備の時期となりました。

衣替えと一緒に夏グッズの片づけを考える人も多いと思います。しかし、いつも夏を前に、去年かった保冷剤どこいったけ? 子どものプールのバスタオルはどこ? と探し物をしていませんか?

そこで今日は、来年の夏にやってて良かったと思える夏グッズの片づけについて。

その1.子どもの水泳道具

去年に引き続き、今年の夏はあまり活躍しなかったと人もいるかもしれません。そういう人たちはサイズチェックが必要になるのですが、

兄弟がいる家庭では、水着をしまう時は、それぞれの子どもの夏の服と一緒に衣替えの時に収納するのではないかと思います。

でも兄弟で、バラバラに分けて収納するのではなく、兄弟だけでなく家族全員分をまとめて保管するのをおススメします。

なぜなら、来年の夏前に探さないで済むから。

きっとプール開きの時期は大体どの子どもも同じ時期だと思います。

しかも突然、「お母さん、明日からプールなんだけど」と言ってくる子どももいます。

その時に、子どもそれぞれの水着を収納している各場所から探し出すのは大変です。

だから、水着だけでなく、プールキャップ、サンダル、プール用のバスタオルだけでなく、プールバッグなど、プール、海水浴に関係するモノを全部まとめてプールセットとして収納しましょう。

空気を抜いた浮き輪やビーチボールも一緒にし、今年の夏に買ったけど、余った水遊び用パンツも、まだサイズが大丈夫そうであれば一緒に収納のもよいでしょう。

引き出しや、収納ケースに、しまう場合も、紙袋などにしまう場合も、「プールセット」などとわかりやすく書いておくことが必要です。

その2.暑さ対策グッズ

今年の夏も暑かったです。保冷剤や氷のう、ハンディ型の扇風機など熱中症対策でいろいろ購入した人もいたのではないでしょうか。

今は、キッチンカウンターの上の上に出しっぱなしかもしれませんが、問題は夏が終わってから。

せっかく購入したモノがワンシーズンで終わるのはもったいありません。来年の夏も活躍してもらうために、

暑さ対策グッズは、ひとまとめにしてしまいましょう。

紙袋になどに入れる、暑さ対策グッズと書いて収納するのもよいですが、おススメなのはクーラーバックやクーラーボックス。

クーラーバッグやクーラーボックスは、収納するのに場所も取ります。だから、そのものを暑さ対策グッズの収納として、活用するのです。

応用編

プールグッズや、暑さ対策グッズだけではなく、家族のサンダル類を靴箱の中でまとめて収納したり、風鈴や飾り物などで夏限定のモノを仲間としてまとめ、まとめて収納するとよいでしょう。

また、子どものビニールプールと空気入れ、のように一緒に使うモノをセットにしてもよいかもしれません。

そのほか、麦わら帽子や、ネイル、アクセサリーなどのファッションなどにも応用できるでしょう。

こういったモノは特に収納場所が決まらず、せっかく購入したのに、ワンシーズンで終わってしまうモノもあるかもしれませんが、来シーズンも使いたいと思うのであれば、まとめて収納することをおススメします。

来年の安心のために、今からできることを

分散させると来年必ず探す羽目になります。人の記憶というのは、本当に当てになりません。しまう時には、「ここに収納した」と覚えていても、数か月もたてば忘れているものです。

モノの管理に追われている時間は無駄です。だから、少しでも探さないように、一緒に使うことが想像できるモノを一か所にまとめておくことが、一足先の楽につながります。

そうすることで、来年の夏前にやっててよかった!と思うことでしょう。

こちらの動画でも紹介しています。

シェア

いいね

コンテンツへの感想