タイトル画像

専門マスター

  • いいね

家族6人、ここにゴミ箱を置いたら、家族がゴミを捨てるようになった。

藤原友子

選ぶ暮らしラボ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は小中高の4人の子どもと夫と、いつもキレイじゃないけど、何かあればすぐ片づく家に生息し、だれかのマネではなく、自分で暮らしの正解を選べる人を増やす活動をしています。

友人が「家族がゴミをゴミ箱に捨てない!」とぼやいていました。

もう子どもも大きいし、ゴミくらい捨ててほしいと思うのでしょうが、

ゴミが発生した場所とゴミ箱が離れていたらどうでしょう?ゴミ箱にふたがあったらどうでしょう? 

ゴミを運ばなくてはいけません。わざわざふたを開けてゴミを捨てるのはめんどうかもしれません。

だからといって、家じゅうにゴミ箱を置けば、家族がゴミを捨ててくれるわけではありません。

ゴミ箱は一部屋に一つ置けばいいというより、どんなゴミ箱をどこに置くかで、捨てやすさは大きく変わるし、工夫すれば生活感を隠しながら、捨てやすいということも実現可能です。

ということで、今回は、我が家のごみ箱の設置場所を紹介します。

キッチンのシンク下

料理をするときに野菜の皮、食品が入った容器、袋など、料理をするときはゴミが発生します。

すぐ捨てることができるように、あえて、シンク横の深い引き出しをゴミ箱用にしています。

ゴミ箱をシステムキッチンの引き出しに入れることに、少し抵抗はありましたが、料理をする私の背面にゴミ箱を置くと、ふりかえるのが意外とめんどうした。

子どもに小さいころから、積極的に料理に参加させたいと思っていた我が家では、メリットのほうが大きかったのです。

料理に使う道具を、子どもの取り出しやすいところに、配置するのはもちろん大事ですが、ゴミ箱の場所も重要です。

ゴミ箱に入れるビニール袋も、そしてすぐそばの勝手口を出たところの大きなゴミ箱用のごみ袋もすべてこの引き出し奥に収納されています。

ランドセルや教科書・文房具置き場

ちょっと落書きした紙、不要なプリント類、などゴミが出る場所です。

不要になったモノは、自分で処分し、必要なモノと暮らしていくこと、ゴミを取り除けば、スッキリして、必要なモノが残ることを子どもには教えたいので、

ゴミが発生したら、すぐ捨てることができるように設置しています。

棚になじむように、普通のケースをゴミ箱として利用しています。

ここは、紙などのゴミ専用で、お菓子のゴミ、アイスの棒などは捨てないというルールです。

洗面台の引き出し

お風呂の排水溝にたまった髪の毛、使い捨てコンタクト、ティッシュ、コットン、ばんそうこうなどのゴミをすぐ捨てるため、引き出しの中に100均の小さなカゴをゴミ箱にしています。

ばんそうこうやティッシュのそばにゴミ箱
ばんそうこうやティッシュのそばにゴミ箱

子どもが小さいころ、ケガをしたら、ばんそうこうを貼って入浴していました。ばんそうこうを使う場所には、ゴミが発生します。

そんなに大きなゴミ箱はいらないけど、必ずゴミ箱が必要な場所には、引き出しに収まるサイズがピッタリです。

このゴミ箱に入れるビニールは、隣にある引き出し。ゴミ箱とそこに設置するビニールはセットなのです。

玄関のくつばこの中

靴箱の中につけたフックにかけた紙袋がゴミ箱替わり。

車から持ち出したゴミ、郵便ポストに入っていたけど、家の中に持ち込む必要のない手紙、必要のないダイレクトメール、玄関掃除をした時に出るゴミなどを捨てるようにしています。

必要のない郵便物を家の中に持ち込んでも、キッチンカウンターなどの上に置きっぱなしになるだけ。

必要のないモノの管理に追われる時間は無駄です。不必要だとすぐわかったモノは玄関でシャットアウトするほうが、楽です。

また、靴箱の中に使うのは、ビニール袋より、紙袋。形がしっかりしているため、ゴミを入れやすいです。

ゴミがたまったら、紙袋ごと捨てています。だから、紙袋の収納も靴箱の中。

何かと溜まりがちな紙袋の活用にもなっています。

このゴミ箱もテイクアウトした食べ物のごみなどは入れないようにしています。

ティッシュのそば

ティッシュペーパーの箱を置いていると、そこはゴミが発生する場所。

だから、テレビ台に置くティッシュペーパーのそばにゴミ箱があります。

ただ、テレビ台の引き出しなので、ここもお菓子のゴミ・アイスの棒は入れてはいけないルールです。

ゴミ箱の選び方と設置の工夫

最後に、ゴミ箱の選び方と設置のコツを4つ紹介します。

1.ゴミ箱として販売されているモノでなくてもいい。
2.引き出しの中には、丸いゴミ箱より、四角のほうが収まりがよく、容量も増える。
3.ゴミ箱を引き出しの中にしまう時は、引き出しはスライドレール、捨てやすい高さ。
4.家族みんなが把握できるようラベル。

ゴミ箱として販売されている以外のケースをゴミ箱として活用するのは、まったく問題ありません。

いかにもゴミ箱として販売されているモノは円形のモノが多く、ゴミ箱を隠したい場合には、収まりが悪いというデメリットがあります。

引き出しの中で使う時は、断然の丸いモノより四角いほうが収まりがよく、容量も増えるので、サイズの合った四角のケースを使うとよいでしょう。

ただし、引き出しの中にゴミ箱を隠すのであれば、引き出しはスライドレールで、片手で簡単に開け閉めできるものでないといけません。

開けにくい重い引き出しを開けてゴミ捨てに協力してくれる家族はいないでしょう。

また、引き出し中にゴミ箱としてケースを収納したのなら、家族にその場所にゴミ箱があるということを認識してもらうため、ラベルを貼るなどの工夫が必須です。

ゴミ箱をアチコチに置けば部屋が片づくとは限りません。

ゴミがない暮らしは気持ちがいい!

ゴミが出たら捨てるは当たり前!

ゴミを出した人が責任をもって捨てる!を家族にわかってもらうために、

ゴミが発生する場所に、楽に捨てることのできる場所に捨てやすいゴミ箱を設置し、家族に周知する。

これは家庭だけではなく、職場でも同じですね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想