タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

Ankerが、12ポートに拡張できる新しいドッキングステーションを発表!今秋発売!

g.O.R.i

テック系ブログメディア『gori.me』管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Ankerが5月25日、Thunderbolt 4に対応した、12ポートに拡張可能なドッキングステーション「PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」を発表した。価格は34,990円で、2021年秋頃に発売を予定している。MacBook Proに様々な周辺機器を接続したい、外部ディスプレイを繋ぎたい、という人にとって最適な周辺機器だ。持ち運ぶのではなく、デスクなどに据え置きでの使用を前提としている。

PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockは、何がすごいのか。1本のケーブルをMacBook Proなどに接続することで、12種類のポートに拡張できるのだ。Thunderbolt 4ポート、USB-Cポート、有線LANポート、SDカードスロット、などなど。最新技術であるThunderbolt 4を使用しており、今後発売されるであろうデバイスでも使用できるだろう。

表側
表側

裏側
裏側

PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockは横向きでも使用できるが、専用のスタンドがあり、縦置きでも設置可能。場所が限られている場合でも、立てることで限られたスペースでも使用できる。

スタンド
スタンド

PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockの価格は34,990円で、2021年秋頃に発売を予定している。

AnkerからガチなThunderbolt 4ドックが発表!今秋発売予定

https://gori.me/mac-accessories/mac-usbc/135060

シェア

いいね

コンテンツへの感想